メニューはこちらをタップ

翻訳カスタマイズサービス:日本語から英語への翻訳の場合

日本語の意味をしっかりととらえて翻訳することの難しさ

英語から日本語への翻訳とは異なり、日本語から英語への翻訳の場合には、日本語原稿の曖昧さが訳文に影響を与えることがあります。

これは日本語が「曖昧さ」を持つ言語であり、行間を読ませる言語だからです。例えば主語が無くても文脈で伝わったり、最後まで聞かないと結論が分からない、または分かりにくい婉曲な表現が多いなどです。

一方、英語は主語も明確、白か黒かきちんと表現することが大切な言語です。そうしなければ意味が伝わらないからです。多人種の中では、翻訳であってもきっちりと述べることが大変重要だと考えられています。

文章の構造的な違い、文化的、歴史的な背景も踏まえつつ、お客様のお好みの翻訳をご提供するためには、これらを踏まえながら翻訳をカスタマイズをしていく必要があるのです。

貴社の翻訳の好みを発見する

ビジネスにおいて、取扱説明書や契約書といったドキュメントを翻訳する場合に本当に「好みはない」と言い切れるでしょうか?

もし「翻訳の好みなどは存在しない」ということでしたら、専門用語だけをきちんと押さえておけば、英語を母国語としない人でも翻訳できるかもしれません。

しかし、なぜ翻訳会社は無料翻訳トライアルを実施し、それを利用するお客様がいるのでしょうか?それは、翻訳に求めるものとして、「翻訳の品質」がたぶんに含まれているからです。そして翻訳の品質とは、「読解力、専門性、表現力」だからです。

翻訳力とは何か

好きな英語、嫌いな英語

このように、あらゆるドキュメントに対して多くの書き手がいるように、翻訳者によってもその表現が変わってきます。その部分を無視して「良い翻訳、悪い翻訳」と判断することは難しく、好きか嫌いかという恣意的な(主観的な)要素が入ってくるのは、仕方のないことだと言えます。

弊社では、貴社のその「お好み」までをしっかりと把握して翻訳・ローカライズサービスをご提供しておりますので、いつも安定した翻訳品質を受け取ることが可能になります。

それでは次のページには具体的に、弊社の翻訳者が翻訳したサンプル訳文を掲載しております。弊社の翻訳カスタマイズサービスのご説明を踏まえてご覧ください。

翻訳者が翻訳した実際の翻訳サンプル

お見積りは無料 です。 まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5459-2375

お問い合わせ

MENU

はじめてのお客様へ

お急ぎのお客様

お見積もりは無料です

翻訳まとめてお得プラン

定額ネイティブチェックプラン

コンテンツ向けクリエイティブ翻訳プラン

SNS 向けクリエイティブ翻訳プラン

翻訳サービスの選び方