メニューはこちらをタップ

経営理念

世界中にあるすべての商品やサービスには、作り手の様々な「想い」が込められています。私たちはその大切な「想い」を理解し、受け手へ伝え、未来へつなぐお手伝いをいたします。

トライベクトルの経営理念「大切な想いをつなぐ」

私たちは誰もが持っている「大切な想い」をつないでいきたいと考えています。

大切な想いとは何でしょうか。

それは、誰の心の中にもあるものです。家族や友人に対して感じる想い、また同僚や先輩後輩、上司をはじめとした会社のメンバーへの想い、お客様をはじめとした取引先への想い・・・私たちは日々様々な立場で様々な想いをもって生活をしています。

その強い想いは時には新しいプロダクトやサービスの発明につながることもあります。
ピンチの時にその想いがあるからこそ乗り越えられるというケースもあります。

人間が持つ「想いの力」は、その人間の行動力の源泉と言えるほどパワフルなものです。
愛する人への想い、自分の夢や目標への想いなど私たち全員の人生にとって大変重要なポジションを占めるのがこの「想い」なのです。

私たちはその「想い」を弊社サービスでお届けしたいと考えています。

例えば、ある企業が新製品を販売するとしましょう。
その場合、ざっと考えるだけでも企画開発、商品設計、制作、マーケティング、物流、営業販売、法務、財務、総務などの様々なポジションの方々が、そのひとつの製品を世の中に生み出すまでに努力を重ねています。

そこにはシビアな法的問題や契約、税関、製品のアピール方法、適切な表現、製品材料の厳格な基準、こだわりぬいた商品設計などなど具体的な課題があるのが普通です。

例えば、契約書や財務諸表、Web サイトをはじめとしたマーケティング資料、取扱説明書といったドキュメント類などが存在しています。

そしてこれらのドキュメントにはこの新製品に関わった方のすべての「想い」が詰まっています。

なぜならその企業が提供する商品やサービスは、その企業の考え方や価値観を体現しているからです。

・その製品はなぜ存在するのか
・その製品は誰のためのものなのか
・その製品はほかとどう違うのか
・その製品は社会にあるどんな課題を解決するのか

こういった疑問に真っ向から立ち向かい、解を出せる製品であるならそれは社会に必要なものであり広く使用されなければなりません。

そしてそこには必ずドキュメントをはじめとしたコミュニケーションツールが存在しています。

そこで私たちが提供するのがグローバル時代に向けた翻訳、通訳、ローカライズといった言語コミュニケーションサービスです。

前述のように、私たちはお客様の「想い」も載せて翻訳したいと考えています。それが「大切な想いをつなぐ」という経営理念を事業化しているからです。

私たちがご提供するもの

私たちがご提供しているのは、翻訳・通訳サービスではありません。「コミュニケーション」のための技術やツールです。

翻訳や通訳のお仕事はコミュニケーションにおける多くの手段のうちのひとつにしか過ぎません。

たとえば Webサイト(ホームページ)を通じての情報発信も、1 対 1 での対面も、グループディスカッションも、 国際電話も、展示会出展も、セミナーや講演も、印刷物も、SNSも、インフォグラフィックスなどもすべて「コミュニケーション」のための「手段」であり「技術」に過ぎません。

弊社のご提供する翻訳・通訳やローカライズサービスという「技術」を用いて、貴社の「想い」の詰まった大切な製品や商品、サービスが、国境や言葉の壁を越えて「大切なお客様」に届けるためのお手伝いをいたします。

そのため、翻訳・通訳サービスにとどまることなく、動画制作や導入事例、Webサイトコンサルティングなど、健全なパートナーシップ関係に則ってお客様の想いをお届けするためのご提案を行なっています。




翻訳サービスの選び方