このページのポイント

  • 初めての翻訳サービスの利用では、全体像をイメージしておくことが大切
  • 基本の制作ラインがあるので、そのパターンにのっとってどこまでを依頼するのか考える
  • 重要なのは、翻訳サービス納品後もきちんとアフターフォローがあるかどうかといったサービス面もチェックすること

翻訳・ローカライズのお見積から納品まで

翻訳やローカライズのご注文までの流れ

翻訳やローカライズ プロジェクトをアウトソースされる初めてのお客様、何から初めていいのか分からない方、まずは弊社の翻訳、ローカライズサービスのプロセスをご確認下さい。
一般的なプロセスを貴社用にカスタマイズ(翻訳カスタマイズサービス)することで、さらに精度、確度ともに高い翻訳・ローカライズソリューションをご提供します。

@準備

翻訳・ローカライズ対象ファイル(データ支給)
※可能であれば翻訳対象と内容が似ているもので、原文と翻訳のセット、お客様がお持ちの用語集、スタイルガイド等
※SDL TRADOS(トラドス)使用の場合は、TM(Translation Memory)所有の有無
※資料をお持ちでないお客様の場合は、その旨をお伝えください
※旧版の TM(Translation Memory)をご支給の場合は、品質に信頼性がある場合のみご支給ください

 

Aお見積もり作成 (お客様にとって最適な翻訳・ローカライズのプランをご提案いたします。)

翻訳・ローカライズ対象ファイルの確認(翻訳対象外、参考資料、注意事項の確認)
・ご希望納期、対象読者、予算、翻訳作業対象範囲など
・どこまでの作業をするのか(翻訳のみ、DTP まで、印刷まで、Webサイト(ホームページ)、管理、更新など)
・対象読者の決定
・その他の注意事項(用語集等)

 

Bご発注・お打ち合わせ(ミーティング)

作業前の仕様確認
・ご発注書をお送りください。
・キックオフミーティングを開催(お打ち合わせスタート)

 

C翻訳作業

・初校提出
・御社チェック、御社修正作業
・御社検品、最終納品
・納品物へのフィードバック

 

DPost Mortem(反省会)、フィードバック

お客様へのアンケート実施、案件毎の反省点・改善点をまとめ、
次回へ向けより良いサービスをご提供できる様に尽力してまいります。

上記は一般的な翻訳・ローカライズのプロセスとなりますので、あくまで参考としてお考え下さい。
個別の案件のご相談、その他ご不明な点、また弊社の翻訳・ローカライズに関しては、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

翻訳・ローカライズプロセスやご注文方法等については、お気軽にお問い合わせください。 

翻訳サービスの選び方