メニューはこちらをタップ
字幕翻訳サービス

字幕翻訳サービス

このページのポイント

  • 日々爆発的に増える動画や映像の字幕翻訳のポイント
  • 動画ファイルは mp4 や wmv 、mov などがある
  • 動画によるマーケティングをする上で大切なのはストーリー作り
  • 予算やスケジュールに合わせ字幕かナレーションかを選択する

爆発的に増加する動画コンテンツへの対応

Youtube 等を代表とする Web 上での動画コンテンツは日々増加しています。一昔前は一部の企業や個人だけが可能だった動画やムービーは、今では誰でも簡単に撮影や編集ができるようになり、さまざまなコンテンツが日々爆発的に増加しネット上にアップロードされ続けています。

動画や映像の素晴らしい点は、文字情報では伝えにくい製品や使い方などを直感的にユーザに届けられることです。

「伝える」という手段の中では、動画や映像は大変優れたものであり、これからもこの傾向は変わらないでしょう。

動画の基本情報

動画の用途によって異なるのが画面サイズや解像度です。例えば展示会の大きなスクリーンで流す動画なのか、Youtube で使用する動画なのかによってこれらは変わってきます。

細かい専門知識は不要ですが、最低限の基本情報を知っておかないと判断を間違えてしまうこともあります。

以下の表は、動画に関する基礎知識となります。

解像度(画面サイズ)主な使用用途
1920×1080テレビや液晶モニタのサイズ
1280×720ネット使用の通常サイズ
720×405
640×360
Youtubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトのサイズ

動画をマーケティングに活用する

動画コンテンツは、マーケティング活動において必須のツールです。

日本企業の場合、日本語の動画に素早く字幕やナレーションをつけることによって、すぐに海外進出の足掛かりにすることができます。

外資系企業の場合には、海外本社で制作された動画に字幕をつけたり、ナレーションをつけたりしながらローカライズ(日本語化)し、Webサイト(ホームページ)や Youtube にアップロードしアピールすることができます。

また操作マニュアルとして貴社製品の使い方を教えることもできますし、PR動画なら貴社サイトを訪問する視聴者やユーザは、クリック 1 つで貴社製品や商品の概要やメリットを知ることができます。

さらに昨今では、いわゆるインバウンド分野への対応としても、動画コンテンツを制作し、字幕やナレーションをつけることにより、外国人観光客への有効なマーケティングツールとしても機能します。

このようにいずれの場合も、適切な字幕翻訳をつけたり、プロの発声による聞き取りやすいナレーションにしたりすることですぐに使えるようになります。

動画の品質によりますが、貴社製品やサービスを効果的に見せる映像、ダイナミックな動きにより、視聴者の視覚と聴覚の両方から訴えることもできるでしょう。

  • ・「海外本社で作成した動画ファイルを日本語に翻訳して字幕を載せるだけ」
  • ・「DVD データを日本語化にしてユーザに配布するだけ」
  • ・「動画や映像は、Youtube や SNS、自社 Web サイトにアップするだけ」

たったこれだけの準備ですが、動画マーケティングはすぐにスタートすることができます。

一刻も早く取り組まれることをお薦めいたします。

 

字幕翻訳プラン FUNSUB について

前述のように「動画に字幕をつけることでビジネスをスピーディに展開する」ことで貴社ビジネスの拡大が見込めますが、弊社では、そういったお客様のためにますます増加する動画や字幕翻訳のニーズにお応えするための便利なプランをご提供しています。

弊社の字幕編集プラン「FUNSUB」では、「テープ起こし+翻訳+字幕編集」までを「一式 50,000円」という大変リーズナブルな金額で対応しております。

すでに多くの外資系企業様、日本企業様にご利用いただいておりますので、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このように、動画の字幕翻訳や映像編集などの業務を一括でお受けすることによって貴社の動画マーケティングがよりスピーディに展開し、期待する結果を出すことができます。

弊社の提唱する「ワンソースマルチユース」というコンセプトは維持し、貴社のより効果的な動画マーケティングツールとしてご活用ください。




MENU

はじめてのお客様へ

お急ぎのお客様へ

お見積もりは無料です

翻訳まとめてお得プラン

定額ネイティブチェックプラン

クリエイティブ翻訳プラン

採用情報

Youtube チャンネル itadakimasujapan

アートカタログ無料配布中

良い翻訳とは

ビジネスで成果を出すコミュニケーションスキル

翻訳サービスの選び方