メニューはこちらをタップ

TRADOS(トラドス)によるマニュアル翻訳

このページのポイント

  • 翻訳業界では常識の翻訳支援ツール「TRADOS(トラドス)」は、翻訳プロセスの理解が必須
  • Translation Memory(TM)の使い方や考え方を学ぶことで翻訳業務発注が効率的に行える
  • 特にマニュアル翻訳では、TRADOS(トラドス)を使えるかどうかではなく、「どう使うか」がポイントになる

マニュアルの翻訳を行う上で、いまや必須となっている翻訳支援ツール(CAT)。なかでも、SDL TRADOS(トラドス)は、翻訳・ローカライズ業界の標準ツールといっても過言ではありません。

翻訳メモリ(データベース)=Translation Memory というコンセプトを元に、コスト逓減、スケジュール短縮、品質の安定の実現を可能にするツールです。

以下に、1 冊のマニュアルを翻訳する際の一般的な翻訳プロセスをご紹介します。

SDL TRADOS(トラドス)を使用したマニュアル翻訳の一般的なワークフロー

  • 初回マニュアル翻訳時
  • マニュアル翻訳のバージョンアップ時

このように、翻訳メモリ(Translation Memory)をきちんと構築することにより、マニュアルのバージョンアップによる翻訳にもスムースに対応できるようになります。

以下のように SDL TRADOS(トラドス)と各アプリケーションの組み合わせによってスムースにマニュアルを翻訳し、バージョンアップへの更新・管理を進めることができます。

  • ・SDL TRADOS(トラドス)+FrameMaker(フレームメーカー)
  • ・SDL TRADOS(トラドス)+InDesign(インデザイン)
  • ・SDL TRADOS(トラドス)+Word
  • ・SDL TRADOS(トラドス)+HTML

また、SDL TRADOS(トラドス)を代表する翻訳支援ツールは、翻訳のみならず、UI や XML などのローカライズ分野においても大きな効果を発揮します。

トライベクトルのマニュアル翻訳サービスについて

SDL TRADOS(トラドス) によるマニュアル翻訳や Web サイトローカライズ(ホームページ翻訳)、ソフトウェアローカライズに関してはお気軽にお問い合わせください。

関連ページ

お見積りは無料 です。 まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5459-2375

お問い合わせ

翻訳サービスの選び方