メニューはこちらをタップ
ポルトガル語翻訳サービス

ポルトガル語翻訳サービス

ポルトガル語 翻訳サービスについて

ポルトガル語の翻訳では基本的に「最終言語のネイティブスピーカー」が対応しております。これによって「現地で伝わるポルトガル語」を目的とし、翻訳作業を行っております。また翻訳サービスにはネイティブチェックも含まれています。

翻訳分野では、IT やエレクトロニクス、財務、法務、金融、医療、インバウンドなどの様々な分野に対応可能です。また事前に「無料翻訳トライアル」も実施しておりますので、ご発注前にどんな品質の翻訳が納品されるのかを確認することができるため安心してご発注いただけます。

ポルトガル語 翻訳料金

ポルトガル語 翻訳の料金となります。ドキュメントの専門性(難易度)やボリューム、納期等によって変更いたしますので、ご参考程度にご覧ください。

実際の原稿をお借り次第正確なお見積りをさせていただきます。

ヨーロッパ言語

スペイン語、フランス語、イタリア語、
ポルトガル語、ドイツ語、ロシア語

分野別料金
(1単語あたり)

外国語 → 日本語

日本語 → 外国語

IT

30〜31円

19〜23円

ビジネス

30〜31円

19〜23円

エレクトロニクス

30〜31円

19〜23円

アート

33〜35円

25〜29円

スポーツ

30〜31円

19〜23円

法律

30〜31円

19〜23円

財務

30〜31円

19〜23円

医療

30〜31円

19〜23円

バイオ

30〜31円

19〜23円

インバウンド

28〜32円

19〜23円

※ 最低のご発注料金を10,000円(税抜)とさせていただきます。

ポルトガル語 翻訳の納期

ポルトガル語 翻訳の作業期間(目安)となります。ドキュメントの専門性(難易度)等によって変更いたしますので、ご参考程度にご覧ください。

実際の原稿をお借り次第正確なお見積りをさせていただきます。

分量(日本語文字数)作業期間(概算)
1,000~3,000文字2~3営業日程度
3,000~5,000文字3~4営業日程度
5,000~10,000文字5~7営業日程度
10,000~30,000文字8~23営業日程度
30,000~50,000文字24~38営業日程度
50,000文字以上別途お問い合わせ下さい

ポルトガル語 翻訳分野

分野ドキュメント
IT(ネットワーク、セキュリティ、通信、クラウド、データベース)・マニュアル、技術文書、取扱説明書、トレーニングテキスト
・製品カタログ、ブローシャ、会社案内、プレスリリース等
・ホワイトペーパー 、テクニカルブリーフ、データシート、スペックシート
・ソリューションガイド
・IT調査レポート
・Web サイト
・ソフトウェア
・アプリ
・オンラインヘルプ 等
医療、メディカル・医療機器ユーザマニュアル
・臨床試験報告書
・臨床試験実施計画書
・治験報告書
・プレゼンテーション資料
・研究発表論文、学会発表論文
・製品カタログ、ブローシャ、コラテラル、プレスリリース
バイオテクノロジー、ライフサイエンス・ユーザマニュアル
・プレゼンテーション資料
・研究発表論文、学会発表論文
・製品カタログ、ブローシャ、コラテラル、プレスリリース
・特許申請書類等
環境エネルギー・SDGs 統合報告書
・CSR 報告書
・ESG 報告書
・学術論文
法律(リーガル)・内部統制報告書、サーベンス・オクスレー法(J-SOX 法)
・特許申請書類、判決文、就業規則、賃金規定
・会社定款、経営方針、社内規則
・営業譲渡契約書
・株式譲渡契約書
・合併契約書
・信託財団設立契約書
・投資顧問契約書
・個人情報保護方針(プライバシーポリシー)
・特許権等譲渡契約書
・プログラム等使用許諾契約書
・ソフトウェアライセンス使用許諾契約書
・特許ライセンス契約書
・商標ライセンス契約書
・著作権ライセンス契約書
・オンラインショップ利用規約
・秘密保持契約書
・実用新案権譲渡契約書
・保守契約書
・商品売買基本契約書
・基本取引契約書
・業務委託契約書
・委託販売契約書
・販売店契約書
・商品保管契約書
・リース契約書
・土地売買契約書
・製造委託契約書
・物質移動合意書(MTA)
・販売代理店契約書
・雇用契約書
・誓約書
・労働者派遣契約書
・債権譲渡契約書
・抵当権設定契約書
・土地賃貸借契約書
・定期建物賃貸借契約書
・店舗賃貸借契約書
・公正証書、各種証明書、規定書等
金融(ファイナンス)・有価証券報告書
・財務諸表(B/S、P/L)
・決算報告書、決算短信、決算公告
・決算説明会資料
・決算短信
・決算公告
・株主招集通知
・アニュアルレポート
・アナリストレポート
・目論見書
アート・図録
・Webサイト
・作品解説
・作品名
・サイン
・音声ガイド
観光、インバウンド・観光パンフレット
・地図
・レストランメニュー
ビジネス一般・プレゼン資料
・企画書
・広報誌(社内報)
・通達
・季刊誌

ポルトガル語 翻訳実績

大手小売企業 商品タグ、商品取扱説明書等のポルトガル語翻訳および DTP 作業
20ページ~30ページ程度
 
約 50,000円~100,000円
 
約 5営業日程度
 

ポルトガルとポルトガル語について

正式名称ポルトガル共和国
人口約1,056万人
通貨ユーロ
言語ポルトガル語

ポルトガル語は主にヨーロッパ(ポルトガル)と南アメリカ(ブラジル)、およびアフリカ諸国など、多くの地域で話されています。ポルトガルを含め、9つの国や地域がポルトガル語を公用語としています。

ラテン語を始祖とするロマンス語系の言語であり、スペイン語やフランス語などのインド・ヨーロッパ語族に属しています。

日本語には無い文法もありますが、ローマ字読みが可能な単語が多く、日本人でも発音が容易であるといった特徴があります。

ポルトガル語の発音は「まるでメロディーを奏でているかのようだ」と言われていますが、ブラジルの詩人であるオラーヴォ・ビラックは「ラティウムの最後の、粗野で美しい花」と評したり、またスペイン作家であるセルバンテスは「甘美な言語である」と評価をしています。

このようにポルトガル語の発音は言語の中でもとりわけ美しいと言われているのです。

日本とポルトガル語圏との関係

日本とポルトガルの関係の始まりは、1543年にポルトガル人の乗った中国船が、種子島に漂着した時と言われています。またこの際、火縄銃(鉄砲)の技術が日本に伝わりました。

その後、日本、中国、ポルトガルの間で「南蛮貿易」がはじまりました。

当時、織田信長や豊臣秀吉らも南蛮貿易を後押しする形で経済基盤を強化していったのです。しかしながらキリシタン大名と呼ばれる大名が現れるようになり、この状況に危機感を抱いた江戸幕府は海外貿易を制限するとともにキリスト教信仰の禁止などの、いわゆる鎖国政策を進めていきました。

ポルトガル語の特徴

英語のアルファベットと同じ26文字で成り立っています。スペイン語と近いと言われながらもアルファベット数は英語と同じです。

a, b, c, d, e, f, g, h, i, j, k, l, m, n, o, p, q, r, s, t, u, v, w, x, y, z

ポルトガル語の特徴①:名詞に性別がある

ポルトガル語の名詞は、男性と女性に分けられています。多くの男性名詞は 「o」で語尾が終わり、女性名詞は「a」 で語尾が終わる傾向があります。

単語
Empresa (会社)
女性
Banheiro (トイレ)男性
Caneta (ペン)女性
Gato (猫)男性

ポルトガル語の特徴②:主語によって動詞の語尾が変わる

ポルトガル語の動詞は全てAR・ER・IRで終わります。

主語動詞【Falar:話す】
Eu(私)Falo
Tu (貴方・君)Falas
Ele/Ela (彼/彼女)Fala
Nós (私たち)Falamos
Vós(あなたたち・君たち)Falais
Eles/Elas(彼ら/彼女たち)Falam

ポルトガル語の特徴③:形容詞は性数一致が基本になる

ポルトガル語で形容詞を使用するとき、名詞の性別・単複と一致させるように形容詞も性数変化させる必要があります。

 名詞 + 形容詞
単数, 女性名詞 (美しい一人の女性が浜辺にいる)Uma bonita mulher esta na praia
単数, 男性名詞 (美しい一人の男性が浜辺にいる)Uma bonito homem esta na praia
複数, 女性名詞 (美しい二人の女性が浜辺にいる)Duas bonitas mulheres estão na praia
複数, 男性名詞 (美しい二人の男性が浜辺にいる)Dois bonitos homens en la playa

ポルトガル語の特徴④:冠詞は名詞ごと(男女別・単数複数別)によって変わる

ポルトガル語には定冠詞と不定冠詞が存在し、名詞の性と数によって変化します。

 定冠詞不定冠詞
単数, 女性名詞 AUma
単数, 男性名詞 OUm
複数, 女性名詞 AsUmas
複数, 男性名詞 OsUns

翻訳時の注意点:ポルトガル語とブラジル ポルトガル語の違い

同じポルトガル語であっても、ポルトガルとブラジル ポルトガル語には明確な違いがいくつかあります。

ポルトガル語の違い①:単語が違う

ポルトガルとブラジルでは、同じものを表すのに異なる単語が使われることがあります。

単語(例)ポルトガルブラジル
コーヒーbicacafezinho
携帯telemóvelcelular
靴下peúgasmeias
サンドイッチsandessanduíche
電車comboiotrem

ポルトガル語の違い②:代名詞が違う

ポルトガルで”あなた”を表す時に一般的に使われるのは、você や vocês ですが、ポルトガルでは tu や vos を使用します。

“eu (私)”  “você (あなた)”  “vocês (あなたたち)” の活用はポルトガルとブラジルでは同じですが、その他の主語の場合、文法が異なります。

ブラジルでは、相手のことを主語にする際は、相手との関係性にかかわらず  “você (あなた)” が使われます。

ポルトガルの場合では前置詞の種類、直接目的語、間接目的語などによって細かく使い分けられているので注意が必要です。

 ポルトガルブラジル
あなたをo/avocê
あなたにlhevocê
あなたのためにpara sipara você
あなたとconsigocom você
あなたなしでsem sisem você

ポルトガル語の違い③:アクセント(訛り)が違う

ポルトガルとブラジルのポルトガル語の間で、最も分かりやすい違いの1つは発音です。

両地域を比較すると、単語の発音方法にかなり大きな違いがあるのが分かります。

ブラジルでは1つの単語について比較的ハッキリとした発音が特徴的です。

一方、ポルトガル語はどちらかというとハッキリしない発音になります。

例えば、ブラジル人は「di」という単語の発音をする際には、カタカナで書くと「ヂ」に近い発音になりますが、一方でポルトガル人は英語の「th」に近い発音になります。

このように同じポルトガル語であっても発音の違いなど、多くの違いがあることを理解しておきましょう。




MENU

はじめてのお客様へ

お急ぎのお客様へ

お見積もりは無料です

翻訳まとめてお得プラン

定額ネイティブチェックプラン

クリエイティブ翻訳プラン

採用情報

Youtube チャンネル itadakimasujapan

アートカタログ無料配布中

良い翻訳とは

ビジネスで成果を出すコミュニケーションスキル

翻訳サービスの選び方