メニューはこちらをタップ

TRADOS(トラドス) + FrameMaker(フレームメーカー)によるマニュアル翻訳

Adobe Framemaker(フレームメーカー)とは

ソフトウェアのマニュアルや取扱説明書は、Adobe FrameMaker(フレームメーカー)というアプリケーションで作成されることが一般的であり、マニュアルのような大量のボリュームのドキュメント制作において、決してはずすことのできないアプリケーションの 1 つとなっています。

FrameMaker(フレームメーカー)では大量のページや画像を「book」という単位で管理し、更新等を一括で容易に行なうことができます。

アメリカなどの海外本社で作成されるマニュアルは、FrameMaker(フレームメーカー)で作成されていることが非常に多く、このアプリケーションの取り扱いを正しく行なうことは、マニュアル翻訳を成功させるための大事なポイントといえます。

FrameMaker(フレームメーカー)に関しての詳細は下記ページ FrameMaker(フレームメーカー)の機能と特長をご覧ください。

TRADOS(トラドス)+ FrameMaker(フレームメーカー)でのマニュアル翻訳

この FrameMaker(フレームメーカー)というアプリケーションと翻訳支援ツールである SDL TRADOS(トラドス)との親和性は非常に高く、「FrameMaker(フレームメーカー)のマニュアル翻訳といえば TRADOS(トラドス)を使って翻訳するのが当たり前」といっても過言ではありません。

それでは早速、TRADOS(トラドス)+ FrameMaker(フレームメーカー)でのマニュアル翻訳プロセスを見ていきましょう。

このように、FrameMaker(フレームメーカー)を正しく知り、TRADOS(トラドス)を用いて正しく運用することができれば、貴社のマニュアル翻訳コストやスピードは劇的に効率化させることができます。

関連ページ

お見積りは無料 です。 まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5459-2375

お問い合わせ

翻訳サービスの選び方