メニューはこちらをタップ

オフセット・オンデマンド印刷

このページのポイント

  • 印刷は大きくオフセット印刷とオンデマンド印刷に分けられる
  • オフセットは大量部数の印刷向き、オンデマンドは小ロット多品種に向いている
  • どちらの印刷方式も、前工程からワンストップで進めることができればさらに効率的

あなたのお手元に、確かな実感を

現代は、Web サイト(ホームページ)、SNS 全盛の時代ですが、それでも印刷物(紙媒体)は必須です。印刷物は、世代や性別問わずに受け取ることのできるメディアです。

直接触れることができる、重みを感じることのできる媒体、そして世界において歴史ある媒体と言えば印刷物をおいて他なりません。

製品マニュアル、取扱説明書、製品カタログ、会社案内、チラシやダイレクトメール、封筒、名刺、手紙・・・・といったすべての紙媒体が印刷という工程を通して制作されます。

このように印刷物は社会生活において必要不可欠なものとなっています。

必要不可欠なものだからこそ、貴社に適した印刷方法をご選択いただき、ご満足のいく投資効果を得ることが重要です。

では、どんな点に注意して印刷サービスを選択すればいいのでしょうか?

ポイントは以下の 3点です。

  • ・さまざまな印刷ニーズに柔軟に対応できるかどうか
  • ・印刷コスト削減や納期短縮のためのプロセス改善などのソリューション力があるかどうか
  • ・自分たちにベストマッチしたドキュメント制作方法を提案、もしくは一緒に考えてくれるかどうか

こういった点を考慮することで、コストパフォーマンスを最大限に、 ご満足のいく印刷サービスを受けることができます。 そのためのファンダメンタルを抑えておくことはとても重要です。

印刷方式

印刷方式は多岐に渡ります。大きく区分すると、以下の2つに分けることができます。それぞれについて解説します。

  • ・オンデマンド印刷方式
  • ・オフセット印刷方式

オンデマンド印刷とオフセット印刷の特長

オンデマンド印刷とオフセット印刷のそれぞれの特徴をしっかりと把握して、自社にあったプロセスで印刷しましょう。

 オンデマンド印刷方式オフセット印刷方式
特徴小ロット多品種向き多ロット小品種向き
印刷コスト10部、100部などの少量を印刷できるため、無駄が少ない1,000 部単位以上の印刷物の 1 部あたりのコストが安くなる
スピードデータから直接印刷できるため、短納期で納品が可能製版や刷版などの通常工程が必要

オンデマンド印刷とは、「必要な量を、必要なときに、必要な部数だけ」印刷する方法です。

作業工程が簡略化されており、データから直接印刷するイメージです。 具体的には、小ロットや改訂頻度の高い製品カタログや製品マニュアル、取扱説明書などに非常に適しています。

かたや、オフセット印刷は、印刷という言葉から想像される最も代表的な印刷方法です。データ入稿から青焼き、色校正、印刷という従来の印刷方法です。大量のボリュームのドキュメントを印刷する際に適しています。

このように、印刷する目的(ターゲット)、印刷のタイミング、ボリュームなどによってその都度使い分けていくことがとても大切です。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の印刷プロセス

オンデマンド印刷、オフセット印刷は上記の表のように、用途によって使い分けるのが賢い方法と言えます。以下のように、それぞれの実際の印刷プロセスが異なるのも特長のひとつなのです。

「翻訳+DTP+オンデマンド印刷、オフセット印刷」までのワンストップ サービス

弊社では、翻訳から DTP、さらには印刷物までのフィニッシュワークまでを行い、ユーザに配布するというニーズにお応えしております。

  • ・人手が足りないのに、あちこちのベンダーや業者に連絡するのが手間だ
  • ・フィニッシュワークまで安心して任せられるベンダーや業者を探したい
  • ・色々と柔軟に対応してくれる業者がいい

といったお悩みをお持ちのお客様向けに、翻訳+DTP レイアウト+印刷サービスを一括で済ませることができる、手間要らずで安心の弊社のワンストップ サービスをお試し下さい。

関連ページ

トライベクトルの印刷サービスについて

2005年からスタートした弊社では、創業当初から翻訳+DTP+印刷までのワンストップサービスを行っておりますので豊富な実績から得られたノウハウを駆使し、お客様に最適なご提案をいたしますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

お見積りは無料 です。 まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5459-2375

お問い合わせ

MENU

はじめてのお客様へ

お急ぎのお客様

お見積もりは無料です

翻訳まとめてお得プラン

定額ネイティブチェックプラン

コンテンツ向けクリエイティブ翻訳プラン

SNS 向けクリエイティブ翻訳プラン

翻訳サービスの選び方