メニューはこちらをタップ

ヘルプファイルの翻訳・ローカライズ

オンラインヘルプファイルの翻訳・ローカライズ

ヘルプファイルの翻訳は、ローカライズ/ローカリゼーション プロジェクトの一環として行われます。オンラインヘルプファイルは、あらゆる製品にバンドルされるもので、ユーザにとっては最も頻繁に使用するダイナミック ドキュメントのうちの 1 つです。

オンラインヘルプファイルは、貴社の誰よりも多くの頻度で、ユーザとコミュニケーションを図ることになります。

つまり、貴社ユーザから見れば、オンラインヘルプファイルとの対話は、貴社との対話に等しいものとなります。

そのため、マニュアル同様、オンラインヘルプファイルを貴社の第 2 のサポート部門として貴社ユーザに対して機能させることが必要です。オンラインヘルプファイルは、ユーザに最も多く接触するドキュメントのうちの 1 つであるからこそ、スムースなコミュニケーションをとることができるよう、確かな設計開発と翻訳・ローカライズが必要となります。

また、ユーザがユーザビリティに優れたオンラインヘルプファイルを一度でも体験すれば、次製品の購買動機を強くする 1 つの要因となります。

そのためには「安かろう、悪かろう」の翻訳では、ユーザが満足するどころか、製品離れを引き起こしてしまう可能性があります。

せっかく翻訳するのですから、上記の ROI を最大にしてみてはいかがでしょうか。

弊社では、コストとしての翻訳サービスではなく、プロフィットとしてのオンラインヘルプ翻訳・ローカライズ サービスをご提供することで、貴社ユーザをファン化するためのお手伝いを致します。

オンラインヘルプファイルとは

オンラインヘルプファイルとは、以下の総称です。

  • WinHelp
  • HTMLHelp
  • WebHelp
  • 状況依存ヘルプ(Context Sensitive Help)

通常、オンラインヘルプファイルは、ソフトウェアやブラウザなどにバンドルされており、操作方法や概念の説明、製品そのものの紹介、バージョン情報、またメーカーへのリンクなどで構成されています。

各オンラインヘルプ形式の特性を認識した上で翻訳・ローカライズを行うことで、貴社にとって最適なオンラインヘルプファイルを作成することが可能になります。

Evaluation/QA ツールによるテスト、デバッグ

オンラインヘルプファイルの翻訳作業時のノウハウだけではなく、品質管理のための QA や Evaluation(評価)も重要な作業工程となります。せっかくの翻訳も、ユーザフレンドリーな設計のオンラインヘルプファイルでなければ、意味がありません。

Madcap Flare や RoboHelp だけでなく、HTMLQA 等の各種 QA ツールを使用することで、オンラインヘルプファイルの動作、リンクチェックなどを自動化し、オンラインヘルプファイルのローカライズプロセスを効率的に行います。

ワンソース マルチユース

Adobe FrameMaker(フレームメーカー)で作成されたマニュアルなら、複数の形式に変換することが可能です。

マニュアルの翻訳、DTP レイアウト作業後、さらに Webworks Publisher を使用し、 HTML 形式に変換、その上で RoboHelp や Madcap Flare 等でのコンパイルすることでオンラインヘルプファイルとして使用することが可能になります。

1 つのファイル形式から異なるファイル形式に変換し、様々な用途に合わせたドキュメントを実現できれば、貴社のコストを削減するばかりか、各ドキュメントの統一性も演出することが可能になりますので、貴社製品ブランド構築の 1 つの要素にもなります。

関連ページ

このように、オンラインヘルプファイルをトラブルシューターとして貴社ビジネスにご活用いただけるよう、弊社のオンラインヘルプファイルの翻訳・ローカライズサービスをご利用下さい。

オンラインヘルプファイルの翻訳・ローカライズについては、お問い合わせよりお気軽にご連絡下さい。

お見積りは無料 です。 まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5459-2375

お問い合わせ

MENU

はじめてのお客様へ

お急ぎのお客様

お見積もりは無料です

翻訳まとめてお得プラン

定額ネイティブチェックプラン

コンテンツ向けクリエイティブ翻訳プラン

SNS 向けクリエイティブ翻訳プラン

翻訳サービスの選び方