このページのポイント

  • 企画書やプレゼン資料などの翻訳ではコストを抑えつつ、スピードが大切
  • 日常的に使用する資料ばかりであっても抽象的、概念的なものは翻訳の難易度が上がる
  • 原文の意図をしっかりと汲み取って翻訳することが大切で伝わらなければまったく意味が無い

ビジネス文書(企画書、プレゼン資料、社内報、通達等)の翻訳

ビジネス文書(企画書、プレゼン資料、メール、社内報等)の翻訳

普段は社内で処理できるビジネス文書も、急な出張や突然のアポイントなどで予定していた時間が取れなかったりすることはないでしょうか。

また、「このプレゼンは絶対に成功させたい」という思いをお持ちだったり、「支社へしっかりと周知徹底したい」というお気持ちだったりするとき、その気持ちまでを汲み取って、翻訳させていただいております。

企画書もプレゼンも、時には E メールでさえも、相手に伝わるように翻訳することが大切です。
伝わらなければ、相手を動かすことができなければ、意味がないためです。

それは日本語でも、英語でも、どんな言語でも同じことが言えます。

日本語原文と同じトーンで翻訳されなければ、相手を動かすことはできません。英語原文と同じ熱量で翻訳されなければ、相手に納得してもらうことはありません。

具体的にビジネス文書にはどんなものがあるのか

例えば以下のようなものがビジネス文書としてはメジャーなものです。

  • ・プレゼン資料や企画書
  • ・社内報、広報誌
  • ・社員教育のための分かりやすいトレーニングテキスト
  • ・人事教育プログラム用テキスト
  • ・管理職向けトレーニングテキスト

弊社では、抽象的な内容もその意味をしっかりと汲み取って翻訳いたします。もちろん許可無く意訳することはできませんが、「何が言いたいのか」そして「何を伝えたいのか」ということを理解して翻訳することに注力しております。

翻訳対応分野
  • ・マネジメント、経営方針、ポリシー、ビジョン、年頭挨拶
  • ・セールス、マーケティングプレゼン資料、カタログ
  • ・マネジメント、経営方針、ポリシー、ビジョン
  • ・総務、広報誌
翻訳対応ドキュメント
  • ・プレゼン資料
  • ・企画書
  • ・広報誌(社内報)
  • ・通達
  • ・人事関連文書

専門用語がなければ翻訳は簡単なのか

このように、ビジネス文書というのは、普段よく見かけるドキュメントばかりです。そのため、これらの翻訳は簡単にできるのではないかと思われる場合もあります。確かに、技術資料や論文、契約書などとは異なります。しかしこれらビジネス文書の翻訳は、また別の意味で難しさがあるといえます。

それは、つまり「抽象的」なものであったり、「概念的」なものであったりするからです。例えば社長の年頭の挨拶は、目標や目的、進むべき方向性などを語られることがありますが、非常に抽象的である場合があります。これらの翻訳ではその真意をとらえて翻訳していかなくてはならないため、かえって考える時間が必要になります。また広報誌などは、キャッチコピーをどう翻訳していくのかなども検討する必要があります。

弊社ではどんなドキュメントであってもひとつひとつ適した訳語を選択し、翻訳していくことを大切にしています。

トライベクトルの翻訳・ローカライズサービスをご利用になられたお客様のご感想

  • ■「まだ詳細は確認できていませんが、ざっと拝見した感じ日本語が大変読みやすく 問題ないように思いました。ありがとうございました。」
  • ■「抽象的な言い回しの日本語を意図をしっかり汲み取って翻訳されていました。日本語自体に修正が必要ですね。」
  • ■「クライアントの要望にそって翻訳してくださってありがとうございます。クライアントも十分納得しているようです」

この他にも多くのお客様からご評価を頂きました。

関連ページ
お客様の声/翻訳者の声

トライベクトルのビジネス文書翻訳・ローカライズ サービスについて

「読みやすい」「伝わりやすい」というのはどういうことなのかを突き詰めて考え、抽象的な文書も意味を正しく伝える翻訳を心がけています。

企画書、プレゼン資料などの翻訳については、お気軽にお問い合わせください。  

翻訳サービスの選び方