翻訳まとめてお得プラン

このページのポイント

  • インバウンド(外国人観光客)の急増、東京オリンピック開催によって多言語翻訳は今後ますます増える
  • 中小企業にとって海外展開は避けて通れず、今後も海外支社、海外工場、海外社員教育など多言語のニーズは増加する
  • だからこそ品質を落とさず、スピーディに、コストを抑えながらドキュメントを翻訳しなければならない
  • 「翻訳まとめてお得プラン」なら1社管理、コストダウンを実現しつつ、高品質の翻訳サービスを得られることで海外のコミュニケーションが図りやすくなる

海外進出にあたり、多言語翻訳をする中...

翻訳まとめてお得プラン

「翻訳まとめてお得プラン」とは、お客様がそれまで個別に発注していた各言語への翻訳業務を、
主要アジア言語、主要ヨーロッパ言語のうち、3言語をお選びいただき、まとめてご発注いただくことでコストメリットだけでなく、納期短縮も図ることが可能になったプランです。

「翻訳まとめてお得プラン」の3つのメリット

コストダウン

3言語まとめてご発注いただくと20%OFF

ディスカウントの目安

対応言語一覧

対応言語一覧

お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

多言語翻訳を同時に行うメリットとは?

通常、多くの日本企業のお客様は、以下の順番で多言語翻訳、多言語展開を行っております。
まずは最初に英語版を作成し、それが終わってから中国語や韓国語、ドイツ語やフランス語、イタリア語、スペイン語などに展開するパターンです。

日本語から中国語へ

しかしビジネスを展開する上で、ひとつ非常に重要なポイントを見逃しているのです。

このプロセスで決定的に失われているものは...

ビジネスチャンスと密接に関連する「スピード」です!!

確かに1言語だけであれば、その国へのビジネスチャンスは広がりますが
3言語同時に翻訳すれば、少なくとも3ヶ国に対して同時にビジネスチャンスが生まれます。
もし、同業他社が3言語を同時に展開していれば、時間が経つにつれその差は大きくなるのは明白です。
競合は日本企業ではなく、グローバル企業ばかりです。「差をつけられる」ではなく「差をつける」には、同時での多言語展開がオススメです。
また、インバウンド対策として Webサイトの多言語翻訳やパンフレット、カタログなどの多言語翻訳など外国人観光客への対応も急務です。これらはすべてビジネスチャンスを成立させるためには必須ツールとなります。この機会に一気に多言語化を図ることをお勧めいたします。

よくあるご質問

翻訳まとめてお得プランにすると品質が下がったりすることは?

例えば、10,000文字程度の日本語を翻訳する場合(1言語あたり約10万円(税別)とした場合)

個別に発注した場合

翻訳まとめてお得プランの場合

中国語(簡体字)と中国語(繁体字)、韓国語という組み合わせで翻訳したいのですが、それも可能ですか?

はい、問題ありません。中国語は使用地域によって漢字が変わります。
すでに英語へ翻訳してある場合には、この組み合わせでもディスカウント可能です。

中国語(簡体字と繁体字)翻訳についてはこちら
韓国語翻訳についてはこちら

翻訳まとめてお得プランと、個別発注の場合、料金はどのくらい違うの?

弊社では「翻訳まとめてお得プラン」の場合に関わらず、各言語のネイティブ翻訳者がしっかりと対応します。

通常の翻訳と同じように、無料トライアルも実施し、仕様を確定してしっかり対応いたしますのでご安心ください。決して「安かろう悪かろう」のプランではございません。

無料翻訳トライアル

無料翻訳トライアルについてはこちら

翻訳の品質への考え方はこちら

翻訳カスタマイズサービス

納期はどのくらい?

通常の翻訳と同様、各言語がそれぞれ平行してスタートしますので
ほぼ同じスケジュールで納品させていただきます。

例)10,000文字程度の場合、約3〜5営業日程度でお渡し可能

正しくコーディングできているか心配

ご安心ください。Webサイト(ホームページ)のコンテンツであれば、コーディングしていただいたファイルを拝見して、コピペミスがないかを簡単にチェックいたします。 Web サイト制作会社様などに大変好評なひとつの工程となっております。

お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

翻訳サービスの選び方