カテゴリー別アーカイブ: マーケティングコミュニケーション

初心者が動画マーケティングで抑えておきたいたった2つのこと

多くの企業が使用している動画ですが、貴社のマーケティング活動プロセスにしっかりと組み込み、結果を出すためには、何から考えて着手すればよいのでしょうか。今回は動画マーケティングの失敗を避け、成功のためのステップについてお伝えします。

動画マーケティングの「ゴールは何か」を決める

まず初めに決めなくてはならないのは「貴社のゴールは何か」です。ゴールの無いマーケティングは効果測定できないばかりか、ほとんど意味がありません。独りよがりのマーケティング活動では決してうまく行きません。

ゴールは定性的なものではなく、しっかりと数値で設定しましょう。例えば、

2か月後には動画の再生回数を10,000 回にする

Youtube チャンネルへの登録数を 50 % アップする

といった具合です。明確な目標があれば、一連のマーケティング活動の成否を計測することができますし、費用対効果、成功要因、失敗要因など分析が可能になります。

動画を見てほしい「ターゲットは誰か」を決める

次に決定しなければならないのが、ターゲットの設定です。いわゆる「ペルソナ」の決定です。

ペルソナを決める上では例えば以下のような質問項目を設定し、それに回答する形でターゲットを明確にしていきます。(回答はあくまでサンプル)

質問項目回答(サンプル)
性別は?男性
年齢は?35歳
居住地は?どこに住んでいるのか?神奈川県
家族構成は?妻と娘、息子の4人暮らし。妻はパートで週5日程働いている。娘は 小学1年生、息子は幼稚園に通っている。
日常の交通手段は?○○線を利用、朝は通勤ラッシュを避けるため1時間ほど早めに通勤している。
普段の服装はどんなものが好きか?普段はスーツだが休日はラフな格好を好む。
趣味は?休日は学生時代からのフットサルチームに参加。練習後には友人たちと食事が王道パターン。
最近の悩みは何か?仕事のやりがいはあるが、給与や条件面を考えるとさらにステップアップして転職するかどうか。年齢的にも転職するなら次が最後にしたい。

どんな価値観を持っているか?(何を大切にしているのか)

仕事もプライベートも大切にしたいと思っているが、結婚してからというもの、子供の将来に何が残せるのか、何を伝えていけるのかという想いが強くなってきた。

動画制作時に抑えておきたい 2 つのポイント

ゴールとターゲットが決まったら、いよいよコンテンツに取り組みます。動画のコンテンツは、設定したペルソナに向けてのものとして制作しなければなりません。では、コンテンツを制作するときに抑えておきたいポイントを解説します。

ポイント1:動画コンテンツはストーリーが大切

どんな動画でもストーリーは大切です。動画は最初の20秒の内容次第で、継続して視聴するかしないかが決まると言われています。

簡単に言えば、「つかみ」が大切ということです。「つかみ」が面白くなければ、よほどのことがない限り、ぞのまま見てもらうことはできません。

ちなみに、2016年にもっともシェアされた動画広告のランキングというものがあります。

unruly 社によってランキングされていますのでご覧ください(英語ページ

John Lewis’ “#BusterTheBoxer” Tops Most Shared Ads Of 2016

これらは、特徴的な動画ばかりでしっかりとストーリーがあり、ついつい見てしまうものばかりですね。

「見たことがある」動画もあるのではないでしょうか。その時に考えたいのは、「どうしてこの動画を自分は見たいと思ったのか?」という質問です。

そこに答えがあります。

ポイント2:SNS 等で紹介、拡散されるコンテンツを作る

もうひとつ例を挙げましょう。以下は Youtube 公式が公開している 2016年に流行ったものをまとめています。

YouTube Rewind: The Ultimate 2016 Challenge | #YouTubeRewind

昨年のまとめを見ると、日本では「ピコ太郎」の「PPAP」が凄かったですが、BtoC の話だけではありません。youtuber と呼ばれる人たちも多く含まれています。彼ら自身がコンテンツとしての独自性を持っているわけですね。

そしてどんどんシェアされていくことで、その拡散スピードは指数関数的に膨れ上がっていきます。

企業活動においても動画マーケティングは大変重要ですから、例えば、企業のキャラクターを設定してアニメ動画にしたり、企業ブランドに即した形のコンテンツを企画することが重要です。

このように動画はストーリーが大切だというのがご理解いただけたでしょうか。

動画の用途はさまざま

これまで述べてきたように、動画の制作時に抑えておきたいポイントを理解し、制作することができるようになれば、プロモーションのみならず様々な用途にも使えるようになります。なぜなら基本的な部分は同じだからです。

プロモーション以外で活用できる分野としては「ハウツー系」や「お悩み解決、Q&A系」、「ニュースメディア系」、「お客様の声、インタビュー、事例」などがあります。

「ハウツー系」といえば e-Learning を代表とする教育・研修などの社内向けの教育研修コンテンツとして制作することもできます。

「お悩み解決、Q&A系」では、「購入した商品の使い方」や「便利な方法」など、手順を動画で説明することができます。

「ニュースメディア系」では、まだユーザーに知られていない最新情報などをはじめとしたお役立ち情報をお届けすることができます。

「お客様の声、インタビュー、事例」では、文字通りお客様にインタビューをしたり、動画事例として制作することで「使用感」「実際の反応」を視聴者に伝えることができます。

これらは、どの企業でも必ず商品やサービスを販売しており、その先にはユーザー(お客様)がいるわけですから、ニーズは顕在化されており、彼らをターゲットとしてコンテンツを設計することが比較的簡単にできます。(前後しますが、だからこそターゲット=ペルソナの設定が大切です)

動画は「体験」に近づける

動画の用途がさまざまある中で、テキストよりも動画が持っているのは「自分自身の体験に近づく」という点です。

例えばテニスを教える動画があったとします。ラケットの持ち方やフォームなどを動画として見ることができます。

実際に自分でラケットを握って振ってみる際には、テキスト(本)を読むよりも動画を何度も再生して真似をしてみる方が習得は早くなります。(もちろん、見るだけ、読むだけでは習得はできません。最後は行動しなければならないためです)

動画を見るだけでは実際の体験はできませんが、疑似体験はできます。言葉では伝えにくいニュアンスなどを伝えるときには動画は大変有効です。

もうひとつの例としては、営業マンのロールプレイングを動画で撮影し、Youtube にアップして後から研修で使用することができれば、客観的な視点で分析もできますので大変便利です。

大抵の営業マンは恥ずかしがってやりませんが、逆に言えば、それを乗り越えて客観的に自分を分析できれば、より信頼される営業マンになれるということです。

もはや「当たり前」の動画マーケティングをより効果的に使うために

これまで述べてきたように、動画マーケティングは何も難しいことはありません。撮影技術は年々初心者でもできるようにシンプルになってきましたし、リーズナブルな価格で動画の業者も数多くいますから、信頼できる業者とともに作ることが可能です。

先端技術やテクニックももちろん大切ですが、もっと大切にしたいのは「ペルソナに対して、貴社の商品やサービスは何ができるのか」を真剣に考えることであり、「その部分に対してどういう提案をするのか」であり、「それを動画でどのように見せるのか」ということです。

それがはっきりしなければ、目標もペルソナもストーリーも意味を成しません。

この点を最重要ポイントとして動画制作を行っていきましょう。


アーティスト向け動画制作プラン「ArtistVideo」発売

artistvideo_logo3

本日、アーティスト向け動画制作プラン「ArtistVideo」を正式に発売しました。

このプランは日本で活躍するアーティストの方のためのプランであり、今後世界に進出する方のためのプランです。

世界レベルでの活躍をするには

もしあなたが「将来は世界で活躍するアーティストになりたい」とお考えの場合には、本プランはお役に立てるでしょう。

なぜなら ArtistVideo は、世界へ進出するためのプランだからです。

世界に進出するためにはいったい何が必要なのでしょうか?世界レベルで活躍するためはどこに注力しなければならないのでしょうか。

世界からの評価を得るために必要なこと

世界で活躍するアーティストとなるためには、作品はもちろん、それ以外にも身に着けなければならないものもあります。そのうちのひとつに、「伝える技術」があります。

ある国に世界中からアーティストが集まり、それぞれが個性的で魅力的な作品を作り出しているとしたら、アートファンは何を基準に自分の好きな作品を選ぶのでしょうか?

当然ながら作品そのものは判断基準に入るでしょう。しかしそれだけではありません。

例えば、アーティストのプロフィールだったりステートメントだったり、色々な情報を取得して判断することになります。

このように、相手の立場に立ったとき、「地道に毎日作品を作り、個展などで発表し続ければ世界に通用するアーティストとなれる」と考えるのは少し難しいと言えます。

クリエイティブな活動は必要最低限のことですが、それがすべてではありません。きちんとしたマーケティング活動が必要になってくるのです。

メディア戦略といえば大げさかもしれませんが、「どう見せるか、どう伝えるか」を理解して活動することができなければ、海外、国内問わず評価を得る事は難しくなるでしょう。

「伝え方」はプレゼンテーションと同じくらい重要

例えば、iPhone の発売時のプレゼンでは、スティーブジョブズのプレゼンが有名ですね。

プレゼンは、話し方、声の大きさ、話す内容、使う言葉、順番、立ち居振る舞いなどがそれぞれ重要であり、それを緻密に、何度も練習して臨む人がいます。

なぜならそれによって商品のイメージが変わってしまうからです。

これは商品でも作り出す作品でも同じことです。

「分かってもらえる人だけ分かってくれればいい」というスタンスを否定するわけではありませんが、少しの解説やプレゼンテーションで「分かっている人」が増えるのはもっと素晴らしいことではないでしょうか。

伝える手段としての動画+翻訳

私たちは皆さんの作品そのもののお手伝いはできません。しかし、「伝える技術」としてのサービスの提供をすることができます。

そして、今、この時代にもっともマッチしているの「伝える技術」が「動画」です。

今や世界中で動画でのアピールは当たり前の手段だからです。

いざ自分で動画を撮影するとなると、やはりどうしても素人っぽさが残ってしまったりします。これは致し方ないことなのです。しかし世界はそれを評価しません。

では、どうすれば世界から高い評価を得られるのでしょうか。

答えは簡単です。

評価するのは、作品とアーティストだけなのですから、作品そのものの独自性やコンセプトはもちろんのこと、それを制作するアーティスト自身のプロフィールだったり、ステートメントも含めてしっかりと「動画」で見せるということです。

ちなみに、すでに海外で活躍しているアーティストや、これから海外で展覧会等を開こうという方は、そのPR 方法にも大変こだわっています。

自分らしい見せ方や伝え方を身につけることで、自身の世界観を作り上げることができるということを知っているからです。

作品に魂を込めるのはもちろんのこと、その伝え方にも徹底的にこだわる。

だからこそ、世界と渡り合える、世界から評価されるわけです。ArtistVideo では、これから世界に打って出ようというアーティストの方を全力で応援します。

制作実績

ぜひこの機会にお問い合わせください。お待ちしております。
artistvideo_inquiry

 


コミュニケーションを成立させる「一貫性」

それは「一貫性」がありますか?

「一貫性」という言葉は大変重要なキーワードです。これは翻訳だけでも、法人だけでも、ビジネスだけでもなく、広範囲にわたって重要な概念です。

ビジネスで言えば、一貫性がない場合、営業マンが「以前と言っていることが逆」になってしまったり、「そもそも話していることに脈絡がない」ことになってしまったりと、相手の不安を与えるようなことになりかねません。

原因と結果の法則にあるように「○○があるから□□になる」というロジックが欠如していれば信用してもらうことは困難でしょう。

簡単に言えば、「筋が通っているかどうか」ということになります。

cons

ライティングやWebサイトでの一貫性とは何か

上記の一般的な概念の「一貫性」に準拠しますが、弊社の翻訳やライティング業務に関連付けて考えてみると、具体的には以下のようなポイントが浮上してくると思います。

文章を書く(ライティング)時の一貫性

これは表記ルールやスタイルなどのことです。
このルールやスタイルがないドキュメントは読みにくくなります。

例えば本を読むときに、1行目は「ですます調」で書いてあるのに、2行目から「である調」になれば
誰でも違和感を覚えます。

大切なのは最初にルールや表記スタイルを決めておき、それに従って文章を書くということです。

これは翻訳でも同じことが言えます。

consistency

 

「一貫性」の失われた文章はその「信頼性」も同時に失っていることになります。

 

デザインの一貫性

例えば Web デザインでも一貫性は重要です。

Webサイト全体のデザインの方向性やテイストを揃えておかなければ、ユーザビリティという側面でも、また単純に、そのサイトの見た目からもおかしな印象を与えてしまいます。

例えば、トップページは青がベースカラーなのに、2ページ目だけ脈絡もなく赤になっている、グローバルメニューも違っている、というような Webサイトは使いにくいでしょう。

これも大切なのは、(当たり前ですが)事前に仕様を決めておくことです。

ターゲット(ペルソナ)の設定や、自社の強みの分析など、様々な角度から内容を吟味してそれらを一貫性のあるデザインで表現することが大切です。

以上のように、これらは極端な例ですが、そういうことが「一貫性」を担保する要素であることは間違いありません。

「一貫性」を確保するために

上記の例のように、一貫性を持つことは大変重要であり、弊社のコミュニケーションサービスのひとつである「翻訳・ローカライズ」事業においても同様です。

翻訳・ローカライズの場合には、

  • 表記スタイルはどうするのか?

・ですます調、である調のどちらなのか?
・カタカナ語の連結時の間のスペースの有無は?
・サーバ、サーバーなどの音引きはどうするのか?

  • 専門用語は?

・用語集を準備して同じ訳語を使用できないのか?

といったものが代表的かもしれません。

ちなみに宣伝になってしまいますが、弊社ではお客様の一貫性を補強する上で「用語集、TM作成プラン」をご用意しています。

http://www.trivector.co.jp/service/yougo.html

これらをご利用いただくと、用語の一貫性や TM(Translation Memory)の一貫性を保つことができますので、当然ながら翻訳の品質を向上させることが可能になります。

「 一貫性」がもたらすメリット

逆に、一貫性のある文章やデザインといったものを作り上げていくと、いくつかのメリットが生まれてきます。

ブランディングに好影響

大きく言えば「どう見られるか」「どういうイメージを持ってもらえるか」に影響します。

それは企業イメージにつながり、ビジネスを左右することにもなりかねません。(個人でも同じことが言えます)

「○○はこんな会社だよね」という印象は、こういう些細なところから始まっていきます。

ユーザビリティの向上

読み手が読みやすいと感じる文章、ユーザが使いやすいWebサイトは、一貫性を保ちながら様々な工夫が施されています。

使いやすいというのは、やはりユーザ側にとっては大変大きなメリットです。

そしてそれは結果として、そこまで気を遣って制作している側へのプラスの評価に変わります。

差別化要因

当然ながら、一貫性のある企業とそうでない企業では、安心感、信頼性が異なります。一貫していることは、そこにきちんとした理由があれば、安心材料になります。

そしてその安心感は、サービスや商品購入の選定の際にも重要な差別化ポイントです。

常に「一貫性」への挑戦を続ける

ユーザはあらゆる情報を意識的、無意識的に取得し、総合的に判断します。その判断基準に「一貫性」が含まれているのは周知の事実です。

常に自社として「どうあり続けるか」が問われています。

そうはいっても、これらは簡単なことではありません。
目先の利益に惑わされることもあります。一貫性を失ってしまうこともあるかもしれません。企業サイズが大きくなればなるほど、関わる人員が増え、理解度の差ができます。

一貫した行動を取るのは容易ではありません。

しかし、ライティングでも翻訳でも、Webサイトの制作でも、企業でも、個人でも、一貫性を確保することは戦略ポジショニング面でも重要なことです。

実は、顧客やユーザはその一貫性を無意識的にも意識的にもいつも観ていることを理解しておくことが必要です。

「お客様のマーケティングチームの一員として」翻訳をはじめした各種マーケティングサポートを行っておりますが、弊社も常に「一貫性」を保つべく、日々努力しなければならないと痛感しています。

翻訳・通訳・ローカライズ全般のお問い合わせ

160508-www-bnr_03


読むこと、書くこと

「コンテンツマーケティング」や「インバウンドマーケティング」というキーワードを多く見かけるようになりました。

Google の至上命題である「Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」というフレーズがそのすべてを物語っていますが、ユーザにとって役に立つコンテンツやコンテキストを「どれだけ、どのように、どのくらいの頻度で」提供するのかを求められるようになりました。

(小手先の SEO 対策は一切通用しなくなりつつあります)

そしてその情報の受け取り手でもある私たちは、それらの有用な情報を検索から得て、日々の生活に活用しています。

そんな中で、恐らくこれからもしばらく活躍するのが「読むこと」と「書くこと」でしょう。

これは人間の五感のうちの「視覚」ですね。

視覚優位の時代

文字情報を読むことで、理解し学習し、活用するという情報取得プロセスはインターネットがない時代からありました。その基本思想は特に変わっていません。

しかし、問題はその量です。現在、その量は恐らく何十倍にも、何百倍にもなっているのではないでしょうか。

参考:Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2013 ~ 2018 年アップデート

http://www.cisco.com/web/JP/solution/isp/ipngn/literature/white_paper_c11-520862.html

すでに日々の私たちの生活では、

  • スマホやタブレットで移動中に文字を読む
  • 家の中でもスマホやタブレットで文字を読む
  • 口頭での会話ではなく、LINE などのメッセンジャーでやり取りする

といったことが当たり前になっています。

また一方で書くことも爆発的に増えています。

質はともかく、その文字の総量は1秒ごとにますます増えています。

つまり、「読むこと」と「書くこと」の日常生活に占める割合がますます大きくなり、重要になっていると言うことです。これは本当にすごいことです。

直接会うよりも電話で、電話をするよりもメールで、メールをするよりもメッセンジャーでというようにコミュニケーションの手段の占める割合が変わってきているのは周知の事実です。直接会っていても会話をせずにLINEやメールでということもよく聞く話です。

またこの記事も「書くこと」によって情報を発信しています。

読み手は「読むこと」によって考えを巡らせて、共感したりまたその逆を感じたりしています。冒頭の「コンテンツマーケティング」や「インバウンドマーケティング」はまさにこの「読むこと」と「書くこと」がベースになっています。

  1. 顧客へのアプローチの方法が「書くこと」に変わっています。
  2. サービス提供者の選定が「読むこと」に変わっています。

 

ECサイトならこれで受発注が完結します。

結局のところ、「視覚」を意識しているかどうかがより重要になっており、それを絶対にないがしろにはできないということです。

完全に「視覚優位」の状態です。

文字が武器になる

今の時代はこれまで以上に「ペンは剣よりも強し」を体現するような時代です。言葉は時に人を傷つけ、そして時に人を癒すこともできます。

乱暴な言葉を使う人、優しい言葉を使う人など、さまざまですが周囲はその「言葉」を聞いて人柄を判断します。(本質的には行動を見ますが)

そうであれば、この「書くこと」を疎かにすることなく、習得していかなければなりません。

弊社のコミュニケーションサービスのひとつである翻訳サービスも同じです。

「何となく日本語になっていればいい」レベルで済むドキュメントなら何も問題ありませんが、そうでない場合は、しっかりと翻訳しないといけません。

想像してみてください。

  • もしクライアントが電車の中で貴社のドキュメントを読んでいたら?
  • もし新規客が自宅のソファで貴社のサイトを読んでいたら?
  • もし見込客が貴社と他社の資料を読み比べていたら?

Mature couple at home websurfing with tablet

 

彼らが受け取るのは文字情報です。そこに書かれている条件や仕様もさることながら適当に書かれた(翻訳された)言葉で彼らをこちらに振り向かせることができるのでしょうか?

逆にひきつけることができたら?

これだけ多くの情報が氾濫する中で、同じような製品、同じような商品、似たようなサービスがあれば、選択する側から見ると、もしかしたら「書くこと」で簡単に他社と差がついてしまうかもしれません。

これはある意味非常に怖いのですが、しかし同時にチャンスでもあります。

書いている人と書いていない人には埋められない差ができる

このような状況をピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかはその人次第ですが、実際に、「書くこと」を続けている人とそうでない人にはこれから確実に差がついてきます。

当たり前すぎる話です。書いていれば段々文章が上手になりますし、書いていなければ(恐らくその時間は読んでいる)上手くはなりません。

翻訳も作業をする中で上手になっていく、つまり熟練の域になってきますが、やらなければ上手くなりようがありません。文章を書くことは、日々の積み重ねでしかないのです。

すべて当たり前のことばかりですが、この地道な作業の繰り返しが、ネット上では大きな力の差となって現れるのは間違いありません。

では、今何をすべきなのか

繰り返しになりますが「読むこと」と「書くこと」は人間の根本的な活動のひとつです。スマホやタブレットを使わない日はありません。誰もが読み手となり、書き手となる時代です。

人間の五感の嗅覚や味覚はまだこれからですから、それまでは読むこと、書くことが優位(視覚優位)な時代は続くでしょう。

そこで個人として、企業としてどんな振る舞いをするのか、どんな表現をするのかが問われ続けることになります。

  • どんなコンテンツを持っているのか
  • どんなコンテキストで伝えていくのか
  • どんな手段でそれらを表現するのか

こんな当たり前のことをわざわざ意識するかしないか、それが今後の自身の行動に現れるのですから、気づく人は気づき、変わっていくのだと考えています。

そして、視覚はさらに「見ること」にシフトし始めています。そう、つまり「動画」です。シスコシステムズのレポートでも「トラフィックは2018年に1.6ゼタバイトまで増加し、また同年にはIPトラフィック全体の79%が動画コンテンツ」と記載されています。

参考:ゼタバイト時代:トレンドと分析http://www.cisco.com/web/JP/solution/isp/ipngn/literature/VNI_Hyperconnectivity_WP.html

急速にそんな時代に向かいつつある中、2015年には視覚、そしてゆくゆくは、嗅覚や味覚などに訴える方法が出現するのではないでしょうか。

最後に宣伝になりますが、弊社では、動画コンテンツの制作や字幕編集プランなどもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

IT 分野導入事例制作サービス

http://casestudy.trivector.co.jp/

字幕編集プラン

http://www.trivector.co.jp/movie/

翻訳・通訳・ローカライズ全般のお問い合わせ

160508-www-bnr_03