インバウンド担当者なら抑えておきたいWebサイトまとめ

Banner_InboundWeb

インバウンド対策にむけて

「インバウンド対策の担当になったけど、何から始めればいいのだろう?」

どんな仕事も、最初は「知る」ことです。イメージだけでは先入観もありますので、きちんと数字を抑えておくことが重要です。

その上で、インバウンド対策の中で、何を重点的に行っていくのかをしっかり検討する必要があります。以下のWebサイトを定期的に確認しながら、インバウンドに関する情報を取得し、具体的な数字とともにイメージをつかんでいきましょう。

政府関係

国土交通省 観光庁

http://www.mlit.go.jp/kankocho/

日本政府観光局

http://www.jnto.go.jp/jpn/

DISCOVER the SPIRIT of JAPAN

http://www.visitjapan.jp/ja/


観光関係団体

観光客は、訪日客の中でももっとも多い割合を占めています。そのため、観光スポット、体験型施設やイベント、旅館やホテルなどの宿泊施設、さらに交通機関など、さまざまな側面でビジネスチャンスがあると言えます。しっかりと情報を執したりまた、セミナーやイベント等に参加することが重要です。

日本観光振興協会

http://www.nihon-kankou.or.jp/home/

ジャパンショッピングツーリズム協会

http://jsto.or.jp/

日本海外ツアーオペレーター協会

http://www.otoa.com/

アジアインバウンド観光協会

http://shadanaiso.net/

日本旅行業協会

https://www.jata-net.or.jp/

自治体国際化協会

http://www.clair.or.jp/

GO TOKYO

http://www.gotokyo.org/jp/

言語サービス

インバウンド対策の中で重要な対策のひとつが「言語」です。中国語、韓国語をはじめ、タイ語や英語などとあらゆる言語での多言語対応が重要となります。また Web サイトやカタログ、パンフレット、地図などは多言語翻訳をしておく必要も出てきます。

日本観光通訳協会

http://www.jga21c.or.jp/

全日本通訳案内士連盟

http://jfg.jp/

トライベクトル株式会社

http://www.trivector.co.jp/service/3LanguagesPack.html

http://www.trivector.co.jp/service/service3.html

インバウンド情報サイト

インバウンドに関するさまざまな最新情報を抑えるならこれらの情報サイトは欠かせません。

トラベルボイス

http://www.travelvoice.jp/

トラベルビジョン

http://www.travelvision.jp/

やまとごころ.jp

http://www.yamatogokoro.jp/

インバウンド関連 展示会

実際にインバウンドビジネスをスタートするにあたり、展示会へ出展したり、また参加するだけでもその勢いを感じることはできるでしょう。

ツーリズム EXPO ジャパン

http://www.t-expo.jp/

外客対応・対策EXPO

http://www.jma.or.jp/gaikyaku/index.html

 

まとめ

いかがでしょうか。

「インバウンド対策として、自分たちは何ができるのか」というのは、つまり、情報を収集し、しっかりターゲットを設定し、それに向かって行動することです。

「訪日観光客数がどんどん増えているらしい」というだけで何かをすることはできませんし、出来たとしても長続きしないでしょう。

明確な目的(ターゲットやゴール)を設定し、そのためにどういう方法で、どういう手順で進めていくのかを考え実行するようにしましょう。

inbound_inquiry