月別アーカイブ: 2017年8月

[終了イベントレポート]「歌って!踊って!絵本の世界に飛び込もう!絵本作家さんと楽しむ英会話♪」

先週 8月23日(水)、8月24日(木)に弊社主催で開催されたキッズ英会話イベント「歌って!踊って!絵本の世界に飛び込もう!絵本作家さんと楽しむ英会話♪」が無事に終了いたしました。

今回はそのイベントレポートをさせていただきます。

絵本作家さんと直接話ができる環境

今回、イベント講師を務めていただいたのは大江パトリシアさん。絵本作家としては実に14冊もの絵本をすでに出版されています(その他、企業とのコラボ等多数実績あり)

また、この日のために様々な準備もしてくださいました。特に参加した子どもたちが使用する工作は、すべてパトリシアさんの手作りで、大変愛情のこもったものでした。

ひとつひとつちょっとずつ形が違っていて、それがまた子どもたちにとっても小さな発見につながります。

そして何よりも人数限定で開催している最大のメリットとして「絵本作家さんと直接コミュニケーションをとれる時間が多い」ということです。

「名前を呼ばれて目を見て話をする」というこの単純なコミュニケーション頻度が高くなればなるほど、子どもたちは英語への興味も好奇心も湧いてきます。

実際のイベントの内容

イベントはすべて英語のみで行われます。小さな子どもが全編英語で、しかも2時間も耐えられるのかという心配は一切不要です。

子どもたちは、様々なコンテンツをしっかりと理解して参加することができます。




「休憩は要らない!」

今回とても驚いたのは、初日におけるイベントの盛り上がりです。子どもたちも慣れてきてゲームやクイズに積極的に参加していく中、途中に休憩時間を予定しておりましたが、子どもたちから「休憩はいらない」という発言が多かったこと。(もちろん休憩時間はとりました)

子どもの集中力はそれほど高く、またそれだけひきつけられる内容だということです。しかしこれは、実は子どもたちだけではありませんでした。






お母さんたちも大盛り上がり

今回の弊社イベントでは「親子で参加できる」という点が特徴のひとつですが、自分の子どもが参加しているのを遠目で見ているのではなく一緒に踊ったりゲームに参加してもらうことで、一体感を感じられますし、英語の復習にもなります。

ゲームやクイズコーナーでは、チーム戦ということもあり、お母さんたちも、お友達を応援し、大変盛り上がりました。

 

アンケート結果(抜粋)

実際のアンケート結果(一部抜粋)をご紹介します(順不同)。

実際にイベントに参加してみていかがでしたか?

「子どもたちがとても楽しんで参加していた。親も楽しめました!また参加させてください!」(Yさん)

「思っていたより楽しそうにしている時があったのが良かった」(Nさん)

「楽しく遊べました!」(Mさん)

「親子一緒に楽しめた(最初はなかなか恥ずかしさで参加できませんでしたが、先生の楽しい授業で最後は楽しめました)(Tさん)

「子どもたちがとても楽しそうでよかった」(Kさん)

「子どもたちが思ったより積極的に楽しんでいたのでよかったです」(Hさん)

「子どもたちの反応が予想以上に楽しそうだった。つくったり、ゲームしたり、いろいろ飽きなくてよかった」(Nさん)

「親はいつも見ているだけだが、一緒に参加でき、楽しそうな様子も見れてとても良かった)(Yさん)

いかがでしょうか。特に、子どもたちがとにかく楽しそうに参加していたという点について、ご好評をいただくことができました。

その他、「娘が英語を習いたいとずっと話していて、きっかけになればと思って参加した」(Hさん)といったご意見や「私が子供のころ、パトリシア先生に英語を習ったことがあった」(Kさん)といったご縁を感じるご感想もいただきました。

参加されたお子さんの中には、最終日に「明日はないの?」と質問されることも。それだけ楽しかったということだと思います。

私たちが得たもの

このように、ご参加いただいた方にはご好評をいただくことができましたが、実は私たちも大変素晴らしい時間を過ごすことができたと思っています。

弊社の会場スタッフも参加者の皆様のほほえましい姿を見て、思わず頬が緩むことも多く、とても暖かな気持ちになりました。仕事を越えた部分の感動があったのも事実です。

「このイベントを通じて少しでも英語の楽しさやコミュニケーションの素晴らしさを知ってほしい。そのきっかけとしてほしい」という想いで開催してよかったと心から感じています。

まとめ(次回に向けて)

今回はご参加いただいた方のご協力もあり、無事に終了することができましたが運営側として反省し改善すべき点はありました。

今回の結果に満足することなく、コンテンツを含めて改善を進め、より楽しんで英語に触れてもらえるようなイベントを企画してまいります。

また「大切な想いをつなぐ」という経営理念のもと、さらなるコミュニケーションサービスをご提供してまいりますので引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

 


翻訳会社の正しい選び方

翻訳会社の正しい選び方

無料小冊子「翻訳会社の正しい選び方~損せず得とる 5 つの秘訣~」プレゼント中!

あなたは、本当に正しく翻訳会社を選んでいると言えますか?
今の翻訳、ローカライズサービスに満足していますか?
そして、どうやってどの翻訳会社に翻訳を頼むのか判断していますか?

すでに選んでいる、満足していると言い切れる方にはまったく不要な一冊です。 しかし、もし「現状の判断が正しいかどうか自信がない」と少しでもお感じになる方には、ぜひ一度お読みいただきたい内容となっています。

弊社では、ご希望の方全員に、無料小冊子「翻訳会社の正しい選び方~損せず得とる 5 つの秘訣~」をプレゼントしております。

初めての方でも分かりやすいストーリー形式から、巻末の翻訳チェックリストまで、貴社の翻訳、ローカライズビジネスにご活用ください。

無料小冊子の内容

 ・初めてでも理解しやすいストーリー形式!
・「ある担当者の一日」で分かる業者選定のコツとは?
・便利な巻末翻訳発注チェックリスト!
・翻訳ツールは使えるだけではダメ!これが賢い使い方!
・翻訳会社、翻訳ベンダー、ローカライズベンダーへのコストを抑えるには、コツがある!

小冊子を読んで得られること

・翻訳会社だけでなく、さまざまな業者やベンダーとの付き合い方が変わります。

・翻訳会社、翻訳ベンダー、翻訳エージェント、ローカライズベンダーとのやり取りが最小限で済みます。

・品質、スピード、コストの最適なバランスを取ることができます。

・翻訳、ローカライズの基本情報や考え方などが分かります。

ご希望の方は、お問い合わせより「無料小冊子希望」をご選択の上、お申し込みください。
※メール到着後、1 週間~ 2 週間程度で郵送させて頂きます。
※同業者の方、個人の方からのお申し込みは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。

なお、すでにこの無料小冊子「翻訳会社の正しい選び方」をお読みになった方からは、以下のご感想を頂いております。

すでにお読みになった方のご感想

■「また、本日、小冊子等、拝受しました。ありがとうございます。まだ、ざっとしか目を通せておりませんが、たいへん参考になる 項目が飛び込んできました。適切な質問、たしかに大事ですね!個人的にもたいへん勉強になります。」(E 社ご担当者様)

■「早速、無料小冊子を郵送していただきまして、ありがとうございました。本日、こちらに無事届きました。小冊子も、メールセミナーにつきましても、翻訳とその周辺業務について多角的に考察されており、楽しく読ませていただきました。そしてそれらは、私自身の気づきにもなりました。これからのメールマガジンも楽しみにしております。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。」(S 社ご担当者様)

■「弊社で起きていることがそのまま書いてあったので、正直驚きました。 巻末の翻訳発注チェックリストを使用してみようと思います。」(A 社ご担当者様)

■「これだけの内容を理解している貴社なら、確実な仕事をしていると思ったので今回の翻訳は貴社にお願いすることにしました。」(N 社ご担当者様)

■「貴社の考え方と弊社の考え方が同じだった。そういう翻訳会社を探していた」 (I 社ご担当者様)

■「ストーリーになっているので、話の展開が理解しやすかった。」 (S 社ご担当者様)

などなど、すでに業務へ活用されているお客様がいらっしゃいます。この機会に是非お申し込みください。

 


なぜ翻訳するのか?

なぜ翻訳するのか?

「なぜ翻訳やローカライズを行うのか?」その本質とは

貴社では、マニュアル翻訳や Web サイトローカライズ、カタログや日々のプレスリリースをなぜ翻訳するのでしょうか。
弊社ではこの問いに対し、常に真剣に考えつづけています。それは、翻訳やローカライズの必要性に対しての本質を掴むことができるからです。

「なぜ翻訳やローカライズを行うのか?」という問いに対する答えを考えるとしたら、それはどんな答えになるでしょうか。一例を挙げて考えてみましょう。

例えば、外資系企業が日本のマーケットでビジネスを展開する際、多くの会社がマニュアルやカタログなどのドキュメント類の翻訳や Web サイトローカライズ(ホームページ翻訳)を行います。
そして最も身近な日本市場の場合を考えると、「なぜ翻訳やローカライズを行うのか?」に対する答えとして出てくるのは、『日本人は日本語が好きだから』ではないでしょうか。

日本市場でも英語やその他の言語でも通じないことはありませんが、日本語版があればそれを読みたいと思うのが日本人の心情です。つまり、『日本人は日本語が読みたい』と思っています。

これは恐らく紛れも無い事実であり、だからこそ、起業は時間やお金をかけてマニュアルを日本語に翻訳したり、カタログを翻訳したり、Web サイトをローカライズしたり、ソフトウェアをローカライズする必要があるわけです。

そしてそうしなければ、貴社製品やサービスが売れないという現実もあります。

日本人は無意識で『日本語を読みたい』と思っています。普段意識はしていませんが、だからこそ無意識に感じていることの証明です。

エンジニアや研究者など専門職の場合には、原文を直接読むことが多いかも知れません。ただしそれは全体から見ればほんの一部の人であり、圧倒的大多数の日本人は、母国語である日本語を好み、日本語を読みます。

上記の理由により、日本語に翻訳することは貴社のマニュアルやカタログ、Web サイトを読者やユーザが読む可能性を高めてくれるということになります。

しかしここで注意しなくてはならないのは、読み手に対し、確実に正確に伝わらなければ逆効果であるということです。
日本語を読んでも意味が分からず、結局は時間とお金の無駄になり、原文を読むほうが早かった」というご経験をされたお客様も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

このように本末転倒にならないように、高い品質を維持しながら母国語に翻訳、ローカライズを行うことで、貴社ビジネスを市場に浸透、拡大させていくことが可能となります。

つまり、『日本語を読みたい』というニーズだけを満たすのではなく、ユーザの『分かりやすい日本語、伝わる日本語を読みたい』という隠れたニーズまでを汲み取った上で、翻訳やローカライズを行う必要があるわけです。

戦略的側面からの考察

一方、戦略的側面から考えると、A 社と B 社製品が競合している場合、A 社の製品マニュアルは日本語に翻訳され、かたや B 社の製品マニュアルが原文のママ(この場合は日本語以外の言語)という状況で比較すれば、心理的抵抗がなく手にとって読めるのは、A 社のドキュメントではないでしょうか。

このケースで考えた場合、競合他社に勝つためには、RFP や RFI 記入を含め、マニュアル翻訳を行って日本語版を作成しておくことが必須条件となります。

トライベクトルの翻訳・ローカライズ サービス

前述のように弊社では、「なぜ翻訳するのか」というコンセプトをしっかりと捉えた上で貴社ビジネスをサポートするための翻訳・ローカライズサービスを取り揃えております。

・なぜ翻訳やローカライズを行うのか、本質を捉えた上での包括的ソリューション

・質の高い(=分かりやすい、伝わりやすい)翻訳であること

・コストとしての翻訳ではなく、プロフィットとしての翻訳・ローカライズサービスであること

この機会に、「なぜ翻訳やローカライズを行うのか?」を改めて考えてみてはいかがでしょうか。
きっとその答えは、

・「意味が通っていなくても日本語になっていればいい」

・「安ければ品質は気にしないし、それで構わない」

とはならないのではないでしょうか。

※本コンテンツは、弊社発行の顧客向けメールマガジンである、トラベクマガジン上で大きな反響を呼んだテーマです。ご興味のある方は、弊社トラベクマガジンにご登録ください。

トライベクトルの本質を求める翻訳、ローカライズサービスについて

トライベクトルでは、上記のように本当の意味での翻訳やローカライズというのはどういったものかを常に考え、実行しております。常に進化する翻訳会社でありたいという思いのもとに、貴社にとって最適な翻訳、ローカライズをご提供するべく努力を続けております。


翻訳、ローカライズの品質とは

翻訳・ローカライズの品質とは

翻訳やローカライズの品質についての考察

翻訳、ローカライズというビジネスに限らず、「品質」とは非常に重要な要素です。 品質が最重要要素となるビジネスが多く存在するのはその証明です。 一般的にビジネスでは、あらゆるサービス、製品には、品質、納期、価格がそれぞれ存在し、この 3 つのバランスによって結果や成果に影響を与えます。

たとえば価格が安ければ品質もそれなりのものになりますし、時間を急ぐものであれば価格が少し高めだったりします。これは原因と結果の法則があるのです。納期や価格は、業種や分野によって明確な基準を持っています。

では、残りの 1 つの要素である「品質」とは一体何でしょうか?

そして、どうすればその「品質」を理解し、活用することができるのでしょうか?

まず最初に品質を定義するためには、貴社にとっての「品質とは何か」を考える必要があります。 「品質」という言葉の持つ本質を理解せずにビジネスを進めるのはあまりにもリスキーです。そして、品質とは次の1文で説明することができます。

品質とは、お客様が「望んでいるとおりのものを得る状態」です。

つまり、お客様が「こういうものが欲しかったんだ」と感じることが出来れば、それは結果として「品質が良い」ということになります。そしてお客様が結果を手にする前に、この品質を事前にコントロールすることでこの状態を得ることができれば、必ず満足を得られるでしょう。

弊社の翻訳、ローカライズ サービスでは、「無料翻訳トライアル」というサービスがあります。無料で少量の翻訳を行い、その訳文を評価しご納得していただいた上でご発注をしていただくという仕組みです。

このステップを飛ばしてしまい、期待通りの訳文を得られなかった場合、結局のところ損をするのはお客様ご自身です。さらに悪い事に、期待を裏切られるだけでなくリカバリもしなければなりません。このような事態に陥る前に、しっかりと翻訳やローカライズサービスの品質について考え、そして定義づけしておきましょう。

そのためには、

・「翻訳、ローカライズの品質」の定義づけ

・「翻訳、ローカライズの品質に満足するためのコントロール」

の 2 つのポイントを理解する必要があります。これは一旦理解してしまえば、後は簡単です。このポイントを抑え、実行可能な翻訳会社やベンダーと手を組み、協力すれば良いのです。

貴社のサポーターである、きめ細やかで確実な翻訳品質を提供できる翻訳会社やベンダーを探すことができれば、長期にわたって満足行く結果を得られる状態を作り出すのは容易なことです。

さらに付け加えるとすれば、翻訳・ローカライズ サービスの品質とは訳文が素晴らしいだけにとどまりません。
営業の対応、不在時の応答、レスポンスのスピード、お客様の発注後の不安までも解消する説明力なども含まれます。現在の翻訳・ローカライズサービス業においては、これらはより重要なポイントとなります。

これらのポイントは各企業の教育方針や理念に深く関係しており、企業としての姿勢や考え方、さらには将来に渡るビジョンを確立している会社でなければ、満足のいく品質を提供するのは困難であると言えます。一個人で努力すれば何とかなるという時代ではないからです。

貴社にとっての品質とは何か、もう一度考えてみる機会を設けてはいかがでしょうか。

トライベクトルの翻訳・ローカライズ サービス

弊社では、上記の観点から常に「翻訳やローカライズの品質」を考え続け、貴社にとって最適なご提案をしております。
弊社の翻訳、ローカライズ サービスについては、 お気軽にお問い合わせよりご連絡下さい。


いま、求められる翻訳、ローカライズサービスとは

いま、求められる翻訳、ローカライズサービスとは

いま、求められる翻訳、ローカライズ(日本語化/多言語化)サービスとは

翻訳会社や翻訳エージェント、ローカライズベンダーが溢れる中、貴社にとって最適な翻訳会社を選ぶことはもちろん重要ですが、最近ではそれだけでは通用しないようになってきています。
そこでこの機会に真の翻訳・ローカライズ サービスとはどういうものなのか、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

学習能力を持つ翻訳会社、翻訳エージェント

今までの翻訳(産業翻訳)の定義では、

「翻訳とは、原文に忠実に翻訳すること」

というルールを持っていましたが、最近ではそれに加えてプラスアルファとしての付加価値を求めるお客様が多くなってきています。

例えば、英語から日本語への翻訳やローカライズの場合で考えてみると

・日本語訳だけを読んで、日本語のドキュメントとしてきちんと成立しているかどうか

・繰り返し仕事をしていく中で、お客様ごとにフィットした翻訳を作り、品質を向上させることができるかどうか

などがあげられます。

つまり、「英語をそばにおいておかないと日本語訳として成立しない」訳文ではもはや通用しなくなってきているということです。特に専門用語が頻繁に出現し直訳を好むマニュアルよりも、カタログやプレスリリース、ブローシャなどのマーケティングマテリアル(販促資料)の翻訳のケースで上記の例は多く見受けられます。

翻訳会社にとって、完全に意訳することは産業翻訳のルールから大きく逸脱してしまいますが、プラスアルファの機能を持つ翻訳会社でなければ、お客様の高度な要求に応える事ができなくなってくるでしょう。

また、学習能力を持っている翻訳会社は、日々進化しています。 お客様の要求に応えるための努力をしているからです。

スタッフひとりひとりのモチベーションがとても高いため、貴社にフィットしたサービスをより的確に提供できるようになります。 「役に立ちたい」「喜んでもらいたい」という気持ちの中から、貴社だけのご提案やアイデアを生み出し、ご提供することが可能なのです。

確かに、翻訳やローカライズそのものは地味な仕事かも知れません。
しかし、その経験の積み重ねを続けることが、お客様からの信用を得ることを知っています。訳文の品質を上げていく継続的な努力は、翻訳会社として当然であり、厳選された翻訳者と共に歩む翻訳会社こそ、次世代の翻訳会社と言えます。

このような翻訳会社とビジネスを進めることは、貴社のさらなる発展にも大きく貢献するでしょう。

安心できる翻訳会社、翻訳エージェント、ローカライズベンダー

貴社の好みに翻訳品質をフィットさせていく、というのは何も訳文に限ったことではありません。「サービス」の定義は広く、会社組織全体としての対応も非常に重要な要素の 1 つであると言えます。

例えば、各個人の社員によって対応がバラバラであれば、それは貴社にとって不安要素以外の何者でもありません。組織レベルでのホスピタリティが無ければ、サービス業としては不完全なものと言わざるを得ません。

では、安心できる会社の対応はどうでしょうか。 全てのスタッフが、その企業理念を共有し生き生きと働いています。 お客様の為になることを考え、行動しています。時にはミスをすることもありますが、スタッフ同士がフォローし合います。 本当にお客様のためを思うなら、お客様にアドバイスをすることもあります。 言われたことをきちんとやるのは当然です。常に、それ以上の付加価値を提供しようと考えているからです。

こういった翻訳会社は明るい雰囲気があります。自然にパートナーも協力してくれますし、一体感の中でお客様に対して最高のサービスを提供することが可能です。杓子定規だけではなく、柔軟性を兼ね備えているからこそできるのです。

このような翻訳会社、いえ、ローカライズベンダーや外注業者に出会えたらいいと思いませんか? 一流レストランや一流ホテルのサービスレベルを実現しようとしている翻訳会社こそ、安心できる翻訳会社であると言えます。ローカライズベンダーという位置づけではなく、パートナーとしてのポジション、関係性です。

いかがでしょうか。このように納品されるまでは目に見えない翻訳・ローカライズというサービスは、翻訳品質だけ、翻訳価格だけという基準で選択し判断することが非常に難しいサービスであると言えます。

そのために、「最適なバランスであるかどうか、納得できる結果を得られるのかどうか」をイメージし、判断する必要があるのです。

トライベクトルの翻訳・ローカライズ サービス

はじめて翻訳やローカライズをアウトソースする場合には、何を基準に選んだらいいのか分かりません。

・「マニュアル、取扱説明書を翻訳したいんだけど・・・」

・「ウチの分野の翻訳はできるのだろうか」

・「このソフトウェアをローカライズしたいんだけど、どこに頼めばいいのかな?」

・「本社の Webサイト(ホームページ)をローカライズして更新、管理していきたいのだができるだろうか?」

・「PDF ファイルしか手元にないんだけど・・・・」

 など、翻訳やローカライズといったサービスに色々な疑問をお持ちではないでしょうか。これらのご不安を少しでも解消していただくため、弊社では無料小冊子『翻訳会社の正しい選び方~損せず得とる 5 つの秘訣~』をプレゼントしております。ご希望の方は、お気軽にお申し込みください。


ネイティブチェックの真実

ネイティブチェックの真実

ここでは、通常の「翻訳+ネイティブチェック」という観点ではなく、「翻訳作業を弊社以外で行ったドキュメントに対して弊社でネイティブチェックだけを行う」というパターンについて考察します。弊社にて翻訳作業から行なう場合には、クオリティコントロールが可能ですので、これにあたりません。

ネイティブチェックの難しさ

本来、ネイティブチェックという作業はとても難しく高度なものです。

言葉は生き物であり、また読者によっても印象が変わるものであるため、そのすべてに対して満足する(させる)ことができるのかという根源的な問題に行きついてしまいがちです。

そう考えると、その国のネイティブスピーカーであることはもちろん、母国語の高い表現力を持っていなければ、修正を加えることすらできないのはご理解いただけるでしょう。

つまり、ネイティブなら誰でもいい、誰でもチェックできるということではなく、実際にはとても高度な作業であり、ここにネイティブチェックの 1 つの難しさがあります。

「好み」という見えない違い

さらに「十人十色」という言葉があるように、日本人が書いた文章を別の日本人が読んでも、好き嫌いの違いは出てしまいます。これは考えれば当たり前の話であり、違いがあるということはごく自然なことです。

翻訳においても、この「好み」や「嗜好」のレベルで判断してしまうのは、とても危険です。
自分が良いと思っていても、それはあくまで主観的判断になりがちで、できるだけ普遍的客観的に判断し、評価しなければなりません。

同じ文章を読んで必ずしも「自分が好きだから他人も好きだ」となる保証はどこにもないのです。これもネイティブチェックという作業を難しくする原因の 1 つになっています。

ネイティブチェックの注意点

では、ネイティブチェックを行う際にどんな点に注意すればいいのでしょうか。その一例をあげてみましょう。

母国語として自然な文章(表現)であるかどうか

これは当たり前のことですが、とても重要な項目です。例えば「日本人は日本語をこのように使わない」と感じることがあります。それは主観(好き嫌い)ではなく、客観的な判断に基づくものです。このように、自然であるかどうかというのは、読み手が理解できるかどうかにも影響しますので決して手を抜くことのできないのです。

好みに左右されない

好きか嫌いかで決めてしまうと、元も子もありません。これでは、A という人が OK でも、B という人は NG であり、C という人が読めばまた別の印象を持つことになります。ドキュメントごとの文章の特性は踏まえつつ、客観的なチェックをしなければなりません。

ネイティブチェックよりも翻訳の品質を

以上のように、注意点を踏まえて効率的にネイティブチェックを進める必要があります。

ネイティブチェックだけではすべてを解決することはできない

これはどういうことか、分かりやすく考えるために数値化してみましょう。仮に翻訳の最高の品質を 100 とします。

 
【パターン A】【パターン B】
翻訳の品質 20%翻訳の品質 80%
ネイティブチェック 80%ネイティブチェック 20%
では、ここで問題です。パターンA とパターン B のネイティブチェックの作業負荷は本当にイコールでしょうか?

残念なことに、同等の品質(100 の品質)にする場合でも、まったく同じ作業負荷にはなりません。

パターン A の場合には、ネイティブチェックを行わず、新たに翻訳しなおす方が圧倒的に早いと言えます。そもそもの翻訳の品質が及第点に達していなければ、本来予定していなかったネイティブチェックの時間とコストを発生させるにもかかわらず、レベルもあまり上がらなかった・・・・ということになります。

つまり、パターン A とパターン B では、必ずしもネイティブチェック後の翻訳品質がイコールになるとは言えないのです。

 

 

 

上記の図のように翻訳、ローカライズコストを抑え、重視しすぎるばかりに、結果的ににコスト増になってしまうケースを引き起こさないようにしましょう。

最も重要なのは、ネイティブチェックで品質を引き上げる努力をするのではなく、最初の翻訳作業で品質を向上させておくことです。

パターン B のように、確認の意味でネイティブチェックをする分には、補助的な役割になりますので問題はないでしょう。

このように、ネイティブチェックだけを別途ご発注される場合にはご注意下さい。

定額ネイティブチェックプラン

弊社では、以下のようなお悩みをお持ちのお客様向けに「定額ネイティブチェックプラン」をご提供しております。

「自社の日本人スタッフが翻訳したけれど、ネイティブではないので不安が残る」

「いつも翻訳の品質にバラつきがあってきちんとチェックしないと心配」

「英語ではなく、中国語や韓国語が増えているが社内にチェックできるスタッフがいない」

このようなお悩みにもしっかりご対応しておりますのでご興味があればお気軽にお問い合わせください。

トライベクトルのネイティブチェック、英文校閲、英文添削について

弊社にて翻訳サービスを承った場合は、ネイティブチェック込みで対応しております。またネイティブチェックのみも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


翻訳の見積もりに必要な6つのポイント

翻訳の見積もりに必要な 6 つのポイント

翻訳やローカライズは、無形のサービスであるため、お見積りを作成する時点で、しっかりと仕様を決めておく必要があります。

「概算お見積り」や「参考お見積り」であれば、分量が分かれば作成することは可能です。しかし、実際の翻訳対象の分量に増減があったり、ドキュメントの内容が予想していたよりも専門的であったりすると結局は追加コストが発生してしまい、お客様にご迷惑をおかけすることがあります。

このような事態を起こさないためにも、可能な限り正確なお見積りを作成する必要があります。 正確なお見積りを作成することで、貴社の予算や納期管理が一度で済みます。

・追加コストの発生率を抑える=貴社の予算管理がスムースに

・追加作業の発生率を抑える=貴社の納期管理がスムースに

また逆に、正確なお見積りでなければ厳密な意味での比較は困難となります。結果として、貴社の選択を誤ってしまうこともあるかも知れません。

翻訳会社に正確なお見積書を作成してもらい、失敗のない選択をするためには、翻訳対象のファイルを渡し、構成や内容をチェックしてもらうのが最良の方法といえます。そこで今回は正確な翻訳・ローカライズのお見積り作成に必要なポイントをお伝えします。

※データの機密性が高い場合には、NDA(機密保持契約書)を事前に締結するのを忘れないようにしましょう。

ポイント1:翻訳・ローカライズ対象ファイルの準備をする

最初に必ず準備しなくてはならないのは、実際の翻訳やローカライズ対象の原稿ファイルです。具体的には以下のような種類のファイル形式があります。これらのファイルを手元に用意します。

ドキュメントの修理一般的に使用されるアプリケーション
マニュアル(取扱説明書)Adobe FrameMaker(フレームメーカー)
Adobe InDesign(インデザイン)
MS-Word
ソフトウェアやユーザインタフェース(UI)Resource ファイル
exe ファイル
テキストファイル
xml ファイル
マーケティング(販促資料)Adobe InDesign(インデザイン)
Adobe Illustrator(イラストレーター)
Adobe Photoshoo(フォトショップ)
MS-Powerpoint
MS-Word
PageMaker
QuarkXpress
HTML
WordPress

ポイント2:翻訳・ローカライズ作業に必要な参考資料の準備をする

実際の翻訳、ローカライズ作業に参考となると思われるものを準備します。

例えば、マニュアル翻訳なら旧バージョンの原文と訳文のセット等。用語集やスタイルガイドがあればベターです。

※とはいえ、信頼性の低い参考資料や旧バージョンのドキュメントなどは翻訳作業の判断を混乱させる一因となりかねませんのでご注意下さい。

翻訳に役に立つ参考資料とは

ポイント3:翻訳メモリ(Translation Memory)の準備をする

SDL TRADOS(トラドス)等で作成されている Translation Memory=TM(翻訳メモリ)をお持ちの場合には、品質の安定、コストダウン、納期短縮に大きく影響しますのでご支給下さい。

※ただし、これらの参考資料や TM の品質、精度については、信頼性がある場合のみ有効となります。これは簡単に言えば、「過去の訳文を流用する」=「良くも悪くも、過去の訳文の品質を踏襲する」ことになるからです。

つまり、納得していない品質の訳文が登録されている Translation Memory(翻訳メモリ)は、新規翻訳の助けにはならず、むしろ判断を惑わせることになるため、不要であるという意味になります。

TM の精度について

旧バージョンの翻訳に信頼性がない場合には、別途 TM メンテナンスも承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ポイント4:依頼予定の作業範囲を確定する

どこからどこまでの作業の見積もりを必要とされているのかをお知らせ下さい。

作業範囲納品形式
翻訳作業のみテキストファイル等で納品
翻訳作業+ DTP レイアウト作業ご指定のファイル形式で体裁や見た目を整えて納品
翻訳作業+ DTP レイアウト作業+印刷紙媒体として納品
翻訳作業+ HTML 編集/コーディングHTML 形式で納品
翻訳作業+ HTML 編集/コーディング+Web サイト更新/アップロードWeb サイト更新
テクニカルライティング+翻訳作業原文、訳文共に納品

これらのローカライズプロセスがそれぞれコストに直結しています。ただ安くするのではなく、プロセスを理解し、不要なプロセスや作業を極力排除することで、翻訳やローカライズの品質を保持したままコストダウンを行なうことが可能になります。

ポイント5:希望のスケジュールを伝える

お客様のご希望のスケジュールをお知らせ下さい。

そのスケジュールにそった形で作業を進めるという条件での翻訳のお見積もりや、その他の様々なご提案を行なっております。特にご指定がない場合には、一般的な翻訳作業スピードで算出いたします。

翻訳業界と翻訳会社

ポイント6:対象読者は誰になるのかを伝える

どのような職種、どのような知識レベルの方が対象読者となるのかをお知らせ下さい。

経営者と技術者向けでは、ドキュメント内で使用する用語も異なります。一般消費者に、専門的な用語を羅列したドキュメントを配布しても、伝わらないことが多く、それではせっかく翻訳しても無駄になってしまいます。「誰が読むのか」、つまり対象読者をハッキリさせる理由はここにあります。

これらの情報をお見積り対象ファイルと共にお知らせいただくことで、正確な翻訳作業やローカライズのお見積りを作成することが可能になるため、貴社の予算管理や納期管理のお役に立ちます。

※個別案件によっては、上記以外の情報が必要な場合もございます。あらかじめご了承ください。その他ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

翻訳やローカライズに関して正しいお見積りを入手し、適正なコスト、適正なスケジュールを元に納得できる品質でのサービスを受けることは、貴社の将来への成長を促すための 1 つのキーポイントであることは間違いありません。

弊社では、ご予算やご希望の納期、そしてご満足いただける品質とのバランスを最適化して翻訳やローカライズ サービスのご提供を行なっております。


正しい修正指示の方法

正しい修正指示の方法

貴社への実際の翻訳物の納品では、初校時に PDF ファイルをお渡ししております。その際に、「どのように修正指示を入れたらいいか分からない」という方のために、修正指示の目的とその具体的な方法をお知らせいたします。

また、指示の入れ方は翻訳・ローカライズ サービスだけではなく、広くその他の業務(カタログ制作や Webサイト(ホームページ)制作等)にも有効に活用できますので、知っておいて損はありません。

そもそも、修正指示の目的は何か?

そもそも、修正作業は何のために行うのでしょうか?それは、一刻も早くドキュメントを完成させ、貴社製品やサービスをマニュアルと共に出荷していただくことが目的のはずです。

そのために対象のドキュメントを「正しく修正する」ことが必要になるのです。

複数の意味を示唆してしまうような修正指示であると、弊社の DTP オペレーターが混乱し、スムーズに修正を行うことができません。結果、その都度ご確認をしなければならなくなり貴社にご迷惑をかけてしまうことになりかねません。

貴社のドキュメントを素早く完成させるためには、ご希望の形をオペレーターに正しく伝えることであり、その結果としてその後の確認作業もスムースになるのです。

PDF ファイルに修正指示を入れる際の注意点

主にデータでのやり取りが多くなるため、Adobe Acrobat の注釈機能を利用して修正指示を入れていきます。

その際、もっとも注意しなければならないのは、「どこからどこまでをどのように修正するのか」ということを明確にすることです。

自分だけが分かる指示では、修正作業も困難になってしまうため余計な時間やコストがかかってしまうことになります。お互いに損をしてしまう結果になりかねません。これでは当初の目的である「スムースな修正、納品、そしてリリース」の流れを止めてしまいますので、できるだけ分かりやすい指示を入れるというご協力をお願いいたします。

修正指示の種類

印刷等で使用される正式な校正記号は数多くありますが、基本的な校正記号を使うだけでも充分に対応可能です。

正しい校正記号を使うこと自体が目的ではなく、正しい指示を出し、間違いなく修正することが目的ですので、履き違えないようにすることが大切です。

修正指示のサンプル PDF

以下に、修正指示のサンプル PDF をご用意いたしましたので、ダウンロードしてご確認下さい。

⇒ サンプル PDF をダウンロードする

トライベクトルの翻訳・ローカライズ サービスについて

トライベクトルでは翻訳作業にもならず、上記のように修正指示の発生しやすい DTP、Webサイト(ホームページ)制作、印刷、納品までのフィニッシュワークに至るまでのトータルサポートをご提供しております。

翻訳・ローカライズサービス、翻訳コンサルティング サービスについてはお気軽にお問い合わせ下さい。

 


翻訳、ローカライズのフィードバックの重要性

翻訳、ローカライズのフィードバックの重要性

フィードバックと一言で言ってもその用途や意味は広く、さまざまな状況下で使用されています。そして翻訳、ローカライズというビジネスにおいてもお客様からのフィードバックが非常に重要であることは間違いありません。

なぜそれほどまでにフィードバックが大切なのか、それを考えてみましょう。

翻訳、ローカライズにおけるフィードバックとは

作り手にとって第三者による使用感、感想といったものは製品やサービスの改善のヒントとなることが多く、あらゆる業界で「現場の声」「使用者の声」や「アンケート」などを重要視しているのは説明の必要もありません。

これは、翻訳、ローカライズにおいてもそれはまったく同様です。
特に初めてのお取引となる場合にはフィードバックは不可欠な要素とであり、フィードバックをもとにした改善作業を行うことで次回以降の翻訳やローカライズの品質改善に役立てることが可能になります。

※ここで言うフィードバックというのは、翻訳の品質として標準的な水準を満たしているというのが前提条件になります。

お客様が翻訳会社にフィードバックをすることで得られる効果

例えば、人事教育でも製品開発でも、適切なフィードバックが重要であることは先に述べました。特に、具体的な改善点を発見するヒントとなるのは、ポジティブフィードバックではなく、ネガティブフィードバックの方が多いといえます。

それはつまり、ネガティブフィードバックはより「具体的」であるためです。

・「ここが悪かった」

・「この点に改善の余地が見られた」

・「こうした方がいいのではないか?」

といった具体的なフィードバックは、貴社の翻訳・ローカライズの目指すべき方向性を把握しやすくしてくれます。弊社がお客様の取り扱う商品、製品、サービスについてまったく同等の背景知識を持っているわけではありませんが、その「方向性」や「好み」を分析し、徐々に近づけていく努力はできるのです。

翻訳、ローカライズの品質とは

 

こういった作業は、貴社のご協力の上で成り立つものですので、最初はお手間を取らせてしまうことになりかねません。しかしながら、長期的に考えれば貴社にとってのメリットが顕在化してくるのです。例えば、

・徐々にだが確実に翻訳・ローカライズの品質が向上する

・貴社の方向性や好みに合った訳文になり始める

・将来的に貴社の翻訳チェック作業、レビュー作業の負荷が軽減される

・貴社からのフィードバックの頻度が低減する

といったことが挙げられます。

もちろんわざわざ大掛かりにしなくても、翻訳をご覧いただき気になった点だけでもお伝えいただくことで翻訳者、翻訳会社は 1 つの指針を得ることになります。

そしてそこから翻訳の法則や文体を解析し、貴社のお好みに合わせていくということが可能になるのです。

翻訳やローカライズサービスにおいて、お客様の方向性やお好みというのは多岐にわたるため、その都度確認しなければなりません。一定の水準を満たしているからそれで満足というケースを除けば、貴社にとって最大のメリットは「貴社のチェック作業やレビュー作業が徐々に楽になっていく」ことではないでしょうか。

そのためにも重要なフィードバックについて、再考してみてはいかがでしょうか。

トライベクトルの翻訳、ローカライズ サービスについて

トライベクトルでは、上記のように翻訳、ローカライズの全工程における品質の向上に取り組み続けています。また、翻訳者をはじめとした弊社パートナー様と一緒に、お客様にご満足いただけるサービスをご提供するための取り組みを続けております。

翻訳、ローカライズサービス、翻訳コンサルティング サービスについてはお気軽にお問い合わせ下さい。


文字コードについて知る

文字コードについて知る

Webサイトローカライズ(ホームページ翻訳)やソフトウェアローカライズ、または多言語翻訳において欠かせないポイントの 1 つに、文字コードに関する理解があります。

文字コードは普段何気なく使用している Webサイト(ホームページ)、電子メールなど、さまざまなところで設定され、文字化けの不安もなく使用されています。

文字情報によるコミュニケーションでは、文字化けは伝達能力がゼロになりますので、ビジネスでは致命的といわざるを得ません。

そのためにも、基本的な文字コードをしっかりと理解していくことが必要です。文字コードすべてを網羅することは難しいですが、ここでは現在の代表的な文字コードについて、重点的に見ていきましょう。

特に、母国語である日本語の文字コードを知っておくことはプラスになってもマイナスになることはありません。

文字コードは、英語をはじめとするシングルバイト圏、日本語をはじめとするダブルバイト圏などの、多言語間での言語表示において大変重要なポイントでもあります。

文字の種類

文字は、日本工業規格(JIS 規格)により決められ、以下の 4 つの種類に分けられています。

  • JIS カナ
  • JIS 漢字
  • JIS ローマ字
  • JIS 補助漢字

文字コードの種類

現在、主な文字コードの種類は以下の 4 種類が挙げられます。

  • シフト JIS(=MS 漢字コード)
  • JIS コード
  • EUC コード
  • UniCode(ユニコード)

これらの文字コードについて、それぞれ順にご説明します。

文字コードの種類解説
シフト JIS コードMicrosoft 社が決定した文字コードです。Windows にて使用されています。シフト JIS コードではエスケープシーケンスを使用しません。
JIS コードJIS コードは 7 ビットで表現されます。文字の切り替えにはエスケープシーケンスを使用しています。JIS(日本工業規格)によって標準化されている文字コードです。身近なところでは、インターネットで日本語の電子メールなどで使用されています。
EUC コードUNIX 環境で使用されていることが多い文字コードです。複数バイト言語の各国の文字コードを規定しており、エスケープシーケンスは使用していません。特に、日本語の EUC コードを「EUC-JP」などと表現することがあります。各国の文字コードなので、日本語 EUC だけでなく、韓国語 EUC や中国語 EUC などもあります。
GB コード、BIG5 コードGB コードは中国語の簡体字を表記する際に使用する文字コードで、BIG5 コードは中国語の繁体字を表記する際に使用する文字コードです。
UniCode(ユニコード)ユニコード・コンソーシアムという組織によって定められた文字コードです。あらゆる言語のすべての文字を 16 ビットで表現し、この 1 つの文字コードをベースにして、多国語のコード処理を行ないます。主要な言語はほぼ網羅されています。

以上のような文字コードを、普段はまったく意識せず、使用しているわけです。 しかし、貴社の Web サイトや、E メールでのやり取りから始まり、ソフトウェアをローカライズする際、またWeb サイトをローカライズする際などにも文字コードは重要なポイントなのです。

※エスケープシーケンスとは、エスケープコードと制御文字の組み合わせで表現する、正規表現の特殊文字のこと

このように、事前に文字コードを確認しておくことで「ローカライズ後に文字化けしてしまった」ということのないようにしましょう。

ローカライズサービスについて

Webサイトローカライズ(ホームページ翻訳)、ソフトウェアローカライズ、UI 翻訳、UI ローカライズ、または多言語翻訳などのローカライズサービスについては、以下のページも合わせてご覧ください。

ローカライズとは

Webサイト ローカライズ

トライベクトルの翻訳・ローカライズ サービス

英語、日本語だけでなく、韓国語や中国語など、各言語はそれぞれ異なる文字コード体系を持っています。

翻訳後には、異なる言語になるわけですから、その文字コードも変更になるのは言うまでもありません。文字コードの変更をはじめとした、ローカライズにおける主要なポイントを正しく抑えた上で、翻訳やローカライズ サービスをご提供しています。

Webサイトローカライズ(ホームページ翻訳)、ソフトウェアローカライズ、多言語翻訳に関してはお気軽にお問い合わせ下さい。