メニューはこちらをタップ
コーディネーター募集

コーディネーター募集

募集の背景

この度は、弊社にご興味をお持ち頂きまして誠にありがとうございます。

弊社は、現在 BtoB のお客様をメインにビジネス活動を行っております。例えば、弊社のクライアントは、上場企業や国内有数の日本企業、グローバル外資系企業、官公庁、観光施設、大学、研究開発機関などであり、これらのクライアントの皆様は各専門分野において「知る人ぞ知る」企業や組織であることが多く、弊社に対しても専門の翻訳サービスや通訳サービス、ローカライズなどをご希望されています。

弊社で取り扱う分野では IT、アート、ビジネス、環境エネルギー、インバウンド、エレクトロニクス、スポーツ、医療など多岐に、そして広範囲に広がっています。

弊社のビジネスも翻訳のみならず、DTP や Web 制作、動画や字幕制作、英会話と拡大しておりますが、メインとなる翻訳業務の中核を担う「コーディネーター」を募集することになりました。

ぜひ応募してほしい人材(どんな人が働きやすいか、どんな人と働きたいか)

「お互いに働いてからのミスマッチを減らしたい。できることならゼロにしたい」という明確な理由により、「こんな人と一緒に働きたい」ということを具体的にご説明します。

ぜひご一読いただけますと幸いです。

コーディネーターに求められる力

コーディネーターは翻訳会社の中でも中核に位置するポジションです。様々な分野の様々なお客様と一緒にお仕事をするには、前向きで明るく物事に取り組む姿勢が大切ですし、てきぱきと仕事を進める時間管理能力や、新しいツールに抵抗なく触ってみたり、チャレンジにしてみる気持ちが欠かせません。

お客様との直接のやり取りは少ない

弊社の場合には、お客様とやり取りするのは営業なので、基本的には直接やり取りするケースは少ないのですが、大型のプロジェクトになればプロジェクトをどうハンドリングするか、どうやって品質管理するかといった点も徐々に求められるようになります。

お客様からの信頼度が上がってくると、色々な相談をしていただけるようになります。

それには、お客様のゴールの解像度を高め「完成イメージ」を共有することが重要です。

御応募いただいてうまくいく人、いかない人

長くなりましたが、以下のような気持ちや目標を持っている方にとっては、働きやすいのではないかと思います。

  • トライベクトルの経営理念に共感する人(これが最も大切です。能力よりも理念への共感を重要視しています)
  • 自分で考えて行動できる人
  • 仕事を通じて社会貢献したい人
  • まずは言われた通りにやってみようとする人(素直であること)
  • 自責思考の人
  • 自分である程度の権限を持って仕事をしたい人
  • 社会の役に立ってみたいが具体的には何をしていいか分からない人

 

上記と逆の場合には弊社にはお互いに合わずミスマッチを起こしてしまうと思いますので、御応募はお控えいただくことをお薦めいたします。

Q&A(面接時によくある質問)

Q. 入社後には具体的にどういう研修ステップがありますか?

A. 入社後はまず業界のこと、会社のこと、提供サービスなどを中心にみっちり研修し、知識を身に着けていただきます。代表、部長らが直接研修しますので自分のペースで学ぶことができます。

また同時に、コーディネーター職としての文章の書き方、言葉遣いなど「コミュニケーションサービス」を提供する企業としての行動指針を元に、丁寧に学習していきます。これらは確かに大変ですが、日々実践し、改善することで、みるみる上達するようになります。

Q. 会社は今後どういう方向に進むのでしょうか?

A. 詳細は社外秘の部分もありお伝えできないのですが、毎年、経営計画を全員で共有しその実現に向けてひとつずつ推進しています。

特に「自分の得意なこと」がもしかしたら仕事にできるかもしれないという点は弊社の特長でもあります。これまでの実績ですと、弊社の得意分野のひとつであるアート関連の翻訳やインバウンドサービスは、あるスタッフとの会話がヒントになっていますし、字幕翻訳サービスなども別のスタッフのアイデアから生まれた事業です。

■アート分野専門翻訳サービス

https://art.trivector.co.jp/

 

■字幕翻訳サービス [FUNSUB]

https://www.trivector.co.jp/movie/

 

もちろんこれらはビジネスですから、単純にやりたいから、好きだからというレベルですべて実現できるわけではありません。

ただ少なくとも自分の職務や責任を果たした上で、自社の経営理念に沿っている形であれば「自分の仕事を作り出しやすい」環境だと思います。

Q. 未経験でも大丈夫でしょうか?

A. はい、もちろん大丈夫です。

能力面(英語力等)については学習の継続が必要ですが、それよりも大切なのは理念への共感です。仕事は楽ではありませんが、日々の学習の継続を欠かさず、仕事をコントロールできるようになると一気に面白くなると思います。

Q. 現在の社員について教えてください。

A. 年齢層はバラバラです。20代~50代までです。なお弊社の場合、面接時には基本的に弊社スタッフ全員と会っていただきます。大きな会社ではありませんので「誰と働くのか」という観点も重要だと考えています。

人間同士ですから相性もあるでしょうし、どんな雰囲気なのかといった目に見えない部分もお互いに評価すべきと考えております。こういった部分も弊社の経営理念「大切な想いをつなぐ」に共感している人でなければならないと言えます。さもないと、逆に働きにくくなってしまう可能性が高くなってしまいミスマッチが起きてしまいます。

逆にマッチすれば、10年以上勤めてくださっている社員もおります。

 

最後に

翻訳会社におけるコーディネーター職は花形職業でもある分、仕事は大変なときもあります。しかしながらそれは、お客様と翻訳者さんをはじめとした各パートナーさんとを繋ぐお仕事であり、決して手を抜くことはできない重要なポジションだからです。

また「コミュニケーションサービス」をご提供している弊社では、ある種、縁の下の力持ち的な要素は強いのですが、それでもお客様の仕事がスムーズに進んだり、パートナーさんと良い関係性を築いたりすることができるのは、仕事の成果のひとつだと言えます。

それに応じて自分自身もレベルアップし、ステップアップしていくことで、コーディネーター業務の広がりや新たな挑戦など、中小企業だからこそのやりがいはあると言えます。

沢山のご応募お待ちしております。

 

コーディネーター募集要項




翻訳サービスの選び方