メニューはこちらをタップ

法人営業 募集(現在は募集しておりません)

募集の背景

この度は、弊社にご興味をお持ち頂きまして誠にありがとうございます。

弊社は、現在 BtoB のお客様をメインにビジネス活動を行っております。例えば、弊社のクライアントは、上場企業や国内有数の日本企業、グローバル外資系企業、官公庁、観光施設、大学、研究開発機関などであり、これらのクライアントの皆様は各専門分野において「知る人ぞ知る」企業や組織であることが多く、弊社に対しても専門の翻訳サービスや通訳サービス、ローカライズなどをご希望されています。

弊社で取り扱う分野では IT、アート、ビジネス、環境エネルギー、インバウンド、エレクトロニクス、スポーツ、医療など多岐に、そして広範囲に広がっています。

弊社のビジネスも翻訳のみならず、DTP や Web 制作、動画や字幕制作、英会話と拡大しており、業務拡大のため、この度法人営業を募集させていただくことになりました。

ぜひ応募してほしい人材(どんな人が働きやすいか、どんな人と働きたいか)

ずいぶん上から偉そうではありますが、決してそうではなく、これには「お互いに働いてからのミスマッチを減らしたい。できることならゼロにしたい」という明確な理由があります。

そのために、ぜひ以下をご一読いただけますと幸いです。

法人営業に求められる力

まず初めに、法人営業とは何か?という点についてご説明します。冒頭でもご説明した通り、弊社は BtoB ビジネスがメインとなっております。そのため、当然、お客様は企業様となります。

例えば、上場企業の場合、様々な部署からのお問い合わせがあります。

  • 人事部からの翻訳のお問い合わせ:人財研修の資料の翻訳
  • 研究開発部門からの翻訳のお問い合わせ:海外の新技術にかかわる論文の翻訳
  • マーケティング部門からの翻訳のお問い合わせ:商品 PR 向けの字幕翻訳や、プレスリリースの翻訳

これらはあくまでひとつの例ですが、ご覧のように同じ企業でも同じように対応すればいいというわけではありません。研修用の資料を翻訳できる人と、論文を翻訳できる人とでは、必要とされる専門知識が違うためです。

このようなリクエストに対し、法人営業としては、「何語から何語への翻訳なのか、どんな内容のドキュメントなのか、誰が読むのか」などを間違いなくヒアリングする必要があります。

当然、お客様の中にはそういったことをご存知ないのが普通ですから、会話の中で適切な質問を投げかけ、「お客様が望む品質や完成イメージ」を正確に把握してお客様と共有することが求められます。

これらを適切にヒアリングできる力が非常に重要です。そして次にそれを社内の制作部に共有するための伝える力(ストーリー、プレゼン等)が必要になります。

お客様の欲しいものを形にするために、このプロセスは非常に重要なものとなります。

すべての案件でこのスキームが適用されるため、法人営業として「ただ売ればいい」のではなく、(月並みですが)コンサルティング型、ソリューション型のスタンスが重要になります。そのため、日々のスキルアップは欠かせません。

法人営業の大変なところ

弊社の法人営業は決して楽な仕事ではありませんが、その理由としてはすでに述べたようにお客様の顕在的/潜在的ニーズを的確に把握し、そのソリューションをご提案する姿勢こそが本当に大切になってくると考えているからです。

特に弊社の「翻訳や通訳は無形のサービスであること」「言語等のコミュニケーションサービスには100点満点はないこと(好みの介在)」「仕様が少しずつ違うので様々な提案力が必要なこと」などが、よりチャレンジングなものになっていると思います。

※同じ法人営業でも「有形の商品やサービスを」「価格競争や属人性の高い営業力」で販売したり、ルート営業のように顔を出し注文を取っていくというスタイルとは、まったく異なりますし、コモディティ化した商品を売るケース、またはレッドオーシャンで販売するのかなどマーケットの成熟度や認知率などによっても営業スタイルは変わってくるため、上記は優劣の話ではなく、全く異なる種類のものであることをご理解ください。

法人営業の素晴らしさ

実はその分、法人営業は大変クリエイティブな職業だとも言えます。ヒアリング能力がレベルアップしてくると「お客様はそう言っているけれど、本当は違うのではないか」「お客様はこちらのほうがいいのではないか」といった「勘が働く」ようになります。

またさらに「お客様の本来のゴールはどこか」というビジネスそのものの方向性や意味などを考慮できるようになります。

そうなると、翻訳サービスを本当にご提供すべきなのかという展開も考えられますし、実はほかのサービスも合わせてご提案すべきかもしれませんし、弊社ではなくパートナー企業をご紹介したほうがいいのかもしれません。

お客様のゴールの解像度を高め同じ方向を向くことができるようになります。

BtoB ビジネスの場合には、金額的にも大きなものになりやすく、つまりそれは「その先にあるマーケットへの影響も大きい」ということを意味します。もちろん金額の多寡だけが仕事のやりがいにはつながりませんが、ある一定の目安になるのは間違いありません。

またこれは法人営業に限らず、営業職の分かりやすい部分としては「結果が目に見えやすい」という点もお伝えします。つまりきちんと成果を出せばその分のリターンは得やすいという点です。(ただしこの点は、企業ごとに評価基準が違ったり、企業文化、企業理念にも密接に関わっていますので詳細については言及しません)

そしてこれがいわゆる営業マンとしてのモチベーションとなっている方も多いのですが、「お客様から直接感謝される機会が多い」ということでしょうか。(補足すると、売上というのは営業マン1人の力だけで達成できるものではないのですが、カウンターパートとして感謝されやすいという意味です)

法人営業の場合には、自社もお客様側も関わる人数が圧倒的に増えます。その分複雑化しやすい領域ですが、だからこそ、そういった環境を乗り越えたときにお客様からの感謝の気持ちは大変ありがたく、「また頑張ろう」と思えるものでしょう。

このように、「法人営業」という職業がなかなか見えにくく、分かりにくいものである以上、感謝の言葉や、また自身の成果、それに伴う様々な評価などを正しく認識する必要があります。

御応募いただいてうまくいく人、いかない人

長くなりましたが、以下のような気持ちや目標を持っている方にとっては、働きやすいのではないかと思います。

  • トライベクトルの経営理念に共感する人
  • 自分で考えて行動できる人
  • 仕事を通じて社会貢献したい人
  • まずは言われた通りにやってみようとする人
  • 自責思考の人
  • 自分である程度の権限を持って仕事をしたい人
  • 自分の得意なことを事業にしてみたい人
  • 社会の役に立ってみたいが具体的には何をしていいか分からない人

 

上記と逆の場合には弊社にはお互いに合わずミスマッチを起こしてしまうと思いますので、御応募はお控えいただくことをお薦めいたします。

Q&A(面接時によくある質問)

Q. 入社後には具体的にどういう研修ステップがありますか?

A. 入社後はまず業界のこと、会社のこと、提供サービスなどを中心にみっちり研修し、知識を身に着けていただきます。代表、営業部長らが直接研修しますので自分のペースで学ぶことができます。

また同時に、法人営業職としての立ち居振る舞い、文章の書き方、言葉遣いなど「コミュニケーションサービス」を提供する企業としての行動指針を元に、ロールプレイングなどを行っていきます。これらは確かに大変ですが、日々実践し、改善することで、みるみる上達するようになります。

Q. 会社は今後どういう方向に進むのでしょうか?

A. 詳細は社外秘の部分もありお伝えできないのですが、毎年、経営計画を全員で共有しその実現に向けてひとつずつ推進しています。

特に「自分の得意なこと」がもしかしたら仕事にできるかもしれないという点は弊社の特長でもあります。これまでの実績ですと、弊社の得意分野のひとつであるアート関連の翻訳やインバウンドサービスは、あるスタッフとの会話がヒントになっていますし、字幕翻訳サービスなども別のスタッフのアイデアから生まれた事業です。

■アート分野専門翻訳サービス

https://art.trivector.co.jp/

 

■字幕翻訳サービス [FUNSUB]

https://trivector.co.jp/movie/

 

もちろんこれらはビジネスですから、単純にやりたいから、好きだからというレベルですべて実現できるわけではありません。

ただ少なくとも自分の職務や責任を果たした上で、自社の経営理念に沿っている形であれば「自分の仕事を作り出しやすい」環境だと思います。

Q. 未経験でも大丈夫でしょうか?

A. はい、もちろん大丈夫です。弊社には個人向け営業をしていたものや、ルート営業経験者、営業そのものが初めてというスタッフもおります。確かに最初は前職との違いに戸惑いましたが、上記の通り「まずは素直にやってみる」という行動基準で改善していった結果、今では法人営業としてしっかりお客様に向き合い提案し、喜んでいただけるようになっています。

Q. 現在の社員について教えてください。

A. 年齢層はバラバラです。20代~50代までです。なお弊社の場合、面接時には基本的に弊社スタッフ全員と会っていただきます。大きな会社ではありませんので「誰と働くのか」という観点も重要だと考えています。

人間同士ですから相性もあるでしょうし、どんな雰囲気なのかといった目に見えない部分もお互いに評価すべきと考えております。こういった部分も弊社の経営理念「大切な想いをつなぐ」に共感している人でなければならないと言えます。さもないと、逆に働きにくくなってしまう可能性が高くなってしまいミスマッチが起きてしまいます。

逆にマッチすれば、10年以上勤めてくださっている社員もおります。

Q. 1日の行動スケジュールを教えてください。

A. 営業職なので日によって異なりますが、「ある1日」は以下のようになります。

時間行動補足説明
10:00出社
メールチェック等
訪問準備
10:00-12:00クライアント訪問・新規クライアントへの営業活動
・既存クライアントとの打ち合わせなど
・1日あたり 1件~3件程度の訪問
12:00-13:00お昼休憩
13:00-19:00・帰社
・メールチェック
・見積作成
・翻訳納品
・請求書等作成
・提案書作成
・社内打ち合わせ
午後は打ち合わせや、午前中訪問後の提案や見積作成、
また他のクライアントからの問い合わせへの対応など
矢継ぎ早に対応していきますので時間管理が重要になります。
19:00・日報
・退社
きちんと時間管理ができているという前提ですが、案件の混み具合などによって20時、21時くらいまでかかることもあります。

募集要項

求人要項

項目 備考
職種法人営業主に BtoB 向けの営業となります。
翻訳、通訳、ローカライズサービスと言った無形商材を販売していただきます。
配属先営業部事業拡大のための増員となります。
また将来的にはリーダー候補としての採用となります。組織の中心プレイヤーとなって活躍していただける方を期待します。
雇用形態正社員
試用期間3か月
必要な能力・対人能力
・コミュニケーション能力
・TOEIC 600点以上
・PC スキル(MS Office操作)
・メール等の文章作成能力
・素直であること
・誠実であること

も大切な要素として評価します。
学歴短大、大学、大学院卒
給与応相談・実績に応じて応相談
・通勤手当(会社規定に基づく)
・残業手当(あり)
勤務地(本社)東京都渋谷区・JR 渋谷駅 徒歩 10分
・井の頭線 神泉駅 徒歩 3分
・転勤の可能性無し
就業時間10:00~19:00・所定外労働時間 8時間(うち休憩 60分)
残業あり・固定残業(45時間/月)
休日完全週休2日制(土日、祝日、年末年始休暇、ゴールデンウィーク休暇、夏期休暇)
有給休暇入社半年経過後 10日~
社会保険健康保険
厚生年金
雇用保険
労災
・財形制度あり
・退職金制度あり

採用までのステップについて

採用までのステップになります。

 ステップ必要なもの備考
1. 弊社サイトからのご応募書類審査・履歴書(顔写真つき)
・職務経歴書
2. 1次面接・面接官との面接
・質疑応答
・適性検査
・筆記用具質疑応答では、お答えできることはすべてお答えします。
3. 2次面接・面接官との面接
・弊社スタッフとの面談
・実技テスト
実技テストは法人営業で実際に行う作業の一部を行っていただきます。
4. 内定通知弊社より「内定通知書」をお送りいたします。
5. 採用おめでとうございます。
一緒に楽しく働きましょう!

また、ご応募時に、弊社の仕様に従って選考ステップを進めて頂けない方につきましては、大変恐縮ですが、あらかじめお断りすることがございます。これはビジネスマナーをお持ちの方でなければ実際のお仕事に支障をきたす恐れ、またお客様をはじめ、弊社スタッフ、パートナー様、ステークホルダー様にもご迷惑をおかけするがあるためです。

 

※お送りいただきました書類につきましては、不採用の場合には速やかに削除させていただきます。


お見積りは無料 です。 まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5459-2375

お問い合わせ

翻訳サービスの選び方