読むこと、書くこと

「コンテンツマーケティング」や「インバウンドマーケティング」というキーワードを多く見かけるようになりました。

Google の至上命題である「Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。」というフレーズがそのすべてを物語っていますが、ユーザにとって役に立つコンテンツやコンテキストを「どれだけ、どのように、どのくらいの頻度で」提供するのかを求められるようになりました。

(小手先の SEO 対策は一切通用しなくなりつつあります)

そしてその情報の受け取り手でもある私たちは、それらの有用な情報を検索から得て、日々の生活に活用しています。

そんな中で、恐らくこれからもしばらく活躍するのが「読むこと」と「書くこと」でしょう。

これは人間の五感のうちの「視覚」ですね。

視覚優位の時代

文字情報を読むことで、理解し学習し、活用するという情報取得プロセスはインターネットがない時代からありました。その基本思想は特に変わっていません。

しかし、問題はその量です。現在、その量は恐らく何十倍にも、何百倍にもなっているのではないでしょうか。

参考:Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2013 ~ 2018 年アップデート

http://www.cisco.com/web/JP/solution/isp/ipngn/literature/white_paper_c11-520862.html

すでに日々の私たちの生活では、

  • スマホやタブレットで移動中に文字を読む
  • 家の中でもスマホやタブレットで文字を読む
  • 口頭での会話ではなく、LINE などのメッセンジャーでやり取りする

といったことが当たり前になっています。

また一方で書くことも爆発的に増えています。

質はともかく、その文字の総量は1秒ごとにますます増えています。

つまり、「読むこと」と「書くこと」の日常生活に占める割合がますます大きくなり、重要になっていると言うことです。これは本当にすごいことです。

直接会うよりも電話で、電話をするよりもメールで、メールをするよりもメッセンジャーでというようにコミュニケーションの手段の占める割合が変わってきているのは周知の事実です。直接会っていても会話をせずにLINEやメールでということもよく聞く話です。

またこの記事も「書くこと」によって情報を発信しています。

読み手は「読むこと」によって考えを巡らせて、共感したりまたその逆を感じたりしています。冒頭の「コンテンツマーケティング」や「インバウンドマーケティング」はまさにこの「読むこと」と「書くこと」がベースになっています。

  1. 顧客へのアプローチの方法が「書くこと」に変わっています。
  2. サービス提供者の選定が「読むこと」に変わっています。

 

ECサイトならこれで受発注が完結します。

結局のところ、「視覚」を意識しているかどうかがより重要になっており、それを絶対にないがしろにはできないということです。

完全に「視覚優位」の状態です。

文字が武器になる

今の時代はこれまで以上に「ペンは剣よりも強し」を体現するような時代です。言葉は時に人を傷つけ、そして時に人を癒すこともできます。

乱暴な言葉を使う人、優しい言葉を使う人など、さまざまですが周囲はその「言葉」を聞いて人柄を判断します。(本質的には行動を見ますが)

そうであれば、この「書くこと」を疎かにすることなく、習得していかなければなりません。

弊社のコミュニケーションサービスのひとつである翻訳サービスも同じです。

「何となく日本語になっていればいい」レベルで済むドキュメントなら何も問題ありませんが、そうでない場合は、しっかりと翻訳しないといけません。

想像してみてください。

  • もしクライアントが電車の中で貴社のドキュメントを読んでいたら?
  • もし新規客が自宅のソファで貴社のサイトを読んでいたら?
  • もし見込客が貴社と他社の資料を読み比べていたら?

Mature couple at home websurfing with tablet

 

彼らが受け取るのは文字情報です。そこに書かれている条件や仕様もさることながら適当に書かれた(翻訳された)言葉で彼らをこちらに振り向かせることができるのでしょうか?

逆にひきつけることができたら?

これだけ多くの情報が氾濫する中で、同じような製品、同じような商品、似たようなサービスがあれば、選択する側から見ると、もしかしたら「書くこと」で簡単に他社と差がついてしまうかもしれません。

これはある意味非常に怖いのですが、しかし同時にチャンスでもあります。

書いている人と書いていない人には埋められない差ができる

このような状況をピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかはその人次第ですが、実際に、「書くこと」を続けている人とそうでない人にはこれから確実に差がついてきます。

当たり前すぎる話です。書いていれば段々文章が上手になりますし、書いていなければ(恐らくその時間は読んでいる)上手くはなりません。

翻訳も作業をする中で上手になっていく、つまり熟練の域になってきますが、やらなければ上手くなりようがありません。文章を書くことは、日々の積み重ねでしかないのです。

すべて当たり前のことばかりですが、この地道な作業の繰り返しが、ネット上では大きな力の差となって現れるのは間違いありません。

では、今何をすべきなのか

繰り返しになりますが「読むこと」と「書くこと」は人間の根本的な活動のひとつです。スマホやタブレットを使わない日はありません。誰もが読み手となり、書き手となる時代です。

人間の五感の嗅覚や味覚はまだこれからですから、それまでは読むこと、書くことが優位(視覚優位)な時代は続くでしょう。

そこで個人として、企業としてどんな振る舞いをするのか、どんな表現をするのかが問われ続けることになります。

  • どんなコンテンツを持っているのか
  • どんなコンテキストで伝えていくのか
  • どんな手段でそれらを表現するのか

こんな当たり前のことをわざわざ意識するかしないか、それが今後の自身の行動に現れるのですから、気づく人は気づき、変わっていくのだと考えています。

そして、視覚はさらに「見ること」にシフトし始めています。そう、つまり「動画」です。シスコシステムズのレポートでも「トラフィックは2018年に1.6ゼタバイトまで増加し、また同年にはIPトラフィック全体の79%が動画コンテンツ」と記載されています。

参考:ゼタバイト時代:トレンドと分析http://www.cisco.com/web/JP/solution/isp/ipngn/literature/VNI_Hyperconnectivity_WP.html

急速にそんな時代に向かいつつある中、2015年には視覚、そしてゆくゆくは、嗅覚や味覚などに訴える方法が出現するのではないでしょうか。

最後に宣伝になりますが、弊社では、動画コンテンツの制作や字幕編集プランなどもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

IT 分野導入事例制作サービス

http://casestudy.trivector.co.jp/

字幕編集プラン

http://www.trivector.co.jp/movie/

翻訳・通訳・ローカライズ全般のお問い合わせ

160508-www-bnr_03